人気ブログランキング |

カテゴリ:生活・文化( 211 )

なんと、引っ越しをしました。
この前まで住んでいたところから、すぐ近くにですが(^^;;

住んでいたマンションがとても問題が多くて。
南米だからという一言では片付けられなくて
ストレスMaxだったのです。
私たち以外にも出ていった人たちや、出ていくって言ってる人もいるので
やっぱり変なマンションだったんですね。

引っ越した先は落ち着いた感じで、山も見えるし、
近所のワンコたちとも早速仲良くなりました。

引っ越しはもう何度目かわかりませんが、
荷物は多くても、段ボールの箱詰めは慣れました(笑)
東京で宅配業者でパートしていたせいもあるかもしれませんが、
何でも役に立つもんだなーって思ってます。

新しいところは近所とはいえ、少しだけ行動範囲が以前とは変わるので
新しい発見があったりして、おもしろいです。
そして新しい発見はカフェとかレストランとかケーキ屋さんという
食べ物関係ばっかりなんですけどね(^^;;

5月も後半に入り、朝晩も冷え込んですっかり秋な感じのサンティアゴです。
12日の深夜に冬時間に変わって、日照時間も短くなりました。

なのに、全然雨が降りません。
日本と違って、夏にはほとんど雨が降らないサンティアゴですが、
秋から冬にかけてはよく降ります。
本当はもうとっくに降っていなければいけないのに、
曇りはあっても、雨は降りません。

盆地のサンティアゴは空気の逃げ場がないので、スモッグがかなりひどいです。
アンデス山脈も霞んでしまって、全然きれいではありません。
そしてダムの水も底をついて、水不足も深刻化しています。

なので毎日、天気予報士さんが責められてます105.png

今の予報では5月の降水量は0mm...

雨男でも雨女でもいいので、チリに来てください。

今日、ぶらぶらーっと近所のスーパーに買い物に行ったら
駐車場でCM撮影をしてました。
c0103368_08552695.jpg
c0103368_08551621.jpg
c0103368_08553361.jpg
写真左からFrancisco Saavedra(フランシスコ・サアベドラ)Jorge Zabaleta(ホルヘ・サバレタ)
Ignacio Roman(イグナシオ・ロマン)です。
フランシスコはテレビのバラエティー番組に出ている人で、おばちゃんに人気がある人。
ホルヘは俳優で、これもまたおばちゃんに人気がある人。
イグナシオはコックさんです。

Unimarc(ウニマルク)というスーパーのCMに出てるんですが、
おばちゃん人気の人を起用するのは当たりですよね。
ホルヘはすごく男前なわけじゃないですが、好きな俳優の一人です。
なので、CM撮影はドキドキしながら見てました。

いつも旦那に「近所のUnimarcにもホルヘ来ないかなぁ」って言っていたので、
生でホルヘが見れて良かったです。

さすがホルヘは人気俳優だけあって、他の二人と違って、終わってからさっさと帰ってしまいましたが、
フランシスコとイグナシオは終了後、見学してた人と写真を撮っていました。
もっちろん、私も撮りました。ミーハーなので129.png129.png129.png129.png129.png

私はいつも違うスーパーに行ってたんですが、去年ここが改装してから、
とっても買い物がしやすくて、品物も新鮮で良くなったので、こちらを利用する頻度が増えたんですが、
今日は行ってラッキーでした。

UnimarcのCMを一つ貼っておきます。
サッカーのサンチェスがマンチェスターユナイテッドに移籍が決まったときのもの。
ユナイテッドファンの私にとっては、良いCMです164.png



今年は3月30日が聖金曜日のイースターです。
イースターは変動制の祝日です。
ご存知の方が多いと思いますが、キリスト教の祝日。
この日にイエス様が復活をされるという言い伝えがあって、
キリスト教徒は肉類を食べてはいけません。
なので、「肉」がダメなら「魚」といった妙な習慣になってしまい、
今では「魚(シーフード全般)を食べる日」みたいになってしまっています。

海に面したチリではシーフードはいつでも食べられるんですが、
この日は絶対シーフードを食べなければいけない」くらいの感じになっていて、
3連休中は海沿いの町に出かける人も多いです。
日本でも年末に年越しそばを食べる習慣があるため、
ニュースでは蕎麦屋さんの様子なんかを報道してますけど、
こちらでは、イースターに魚屋さん、シーフードのお店、海沿いのシーフードマーケットを
報道してます。

教会では「シーフードを食べることはかまわないけど、本来の意味からずれてる気がする」
と神父さんが言ってたり・・・正にその通りなんですけど105.png105.png105.png

一日くらいベジタリアンでも良いと思うんですけどね。

もう一つ、イースターのときに必ず放送される映画があります。
「ナザレのイエス」です。
もう、40年くらい前の映画で、6時間くらいある「イエスキリストの生涯」を描いた作品です。
チリ国営放送では、これを毎年放送していて、なんと今年で36回目だそうです。
かなり長いので、途中ニュースなんか挟んだりしながら放送してます。

3連休は旅行に行く人が多いため、結構閑散としてるサンティアゴです。

早いもので、もう12月です。
チリの学校は12月から夏休みに入るので、大人も子供もすっかり「バケーションモード」です。

夏とはいえ、海沿いはなぜか冷夏といってもいいくらいの気温。
サンティアゴから一番近い第5州のあたりは最高気温、20度くらいです。
海に入るには寒いくらいですよね。
サンティアゴで30度前後ですが、朝晩は涼しく、今朝なんて10度くらいでしたから
ちょっと肌寒いくらいでした。

それでも、この夏は40度を超えるのではないかとの長期予報が出ています。
40度越え・・・まだ経験していないので、ちょっと怖いです。


昨日から、サンティアゴで「Hecho en casa fest」というイベントをやっています。
Entelという携帯会社が主催なんですが、5か所くらいで大きい展示物が見られます。
その中で一番の話題は、世界中を周っていて、日本にも行ったことのある「ラバー・ダック」ちゃん。
日本では残念ながら見に行けなかったので、今回は絶対見ようと思って張り切って行ってきました。

場所はQuinta Normal(キンタ・ノルマル)という公園。
結構広い公園で、博物館なんかもあるので、遠足に来ていた生徒も多かったです。

私はバスで行ったんですが、バスを降りるときに一緒に降りた女の子が
「Patooooo!!!!!」って叫んでバスから飛び降りたんですね~。
Patoはアヒルのことで、彼女もアヒルちゃん目当てだったみたいです。
走っていったので、私よりよっぽどテンション高かったです。

こーんな感じで木の間から見えてきて、ワクワク。
c0103368_06095748.jpg
でかいよ~、アヒルちゃん!!!113.png
c0103368_06100969.jpg
よぉく見ると、下の方に小さい鳥がいます。本物のアヒルです(笑)
c0103368_06102086.jpg

サンティアゴでの展示は10月1日の日曜までで、その後はバルパライソ(ちょっと離れた港町)で展示されるそうです。
本物のアヒルが怖がらずに寄っていってるのがかわいかったです。

他の4か所は行かなかったんですが、10月8日までやっています。
一番見たくなかった(蝶が嫌いなので)「でかい蝶がいっぱいとまってる」っていう展示は、
バスから見えてしまいました105.png


サンティアゴは独立記念日も終わって、春がやってきました。
そして春と共にやってくるのが・・・

日本でもおなじみのアレルギーです122.png

こちらのアレルギーの主な原因はスギ花粉ではなく、「Platanas Oliental」(和名はスズカケノキ)です。
夏に葉がかなり茂って日陰を作ることから、サンティアゴ市内の道沿いには植えてあることが多いんですが、
今の時期は、これの種子が綿毛を伴って飛びまくるんです。
道の端には落ちた綿毛がいっぱい、車や服についても綿毛なので取れにくい、
当然、風に舞いやすい構造なので、ちょっとした風でも落ちた綿毛が舞い上がってしまいます。

私は昨日あたりから、くしゃみや鼻水に悩まされています。

日本では花粉症ではなかったんですが、この綿毛攻撃は結構強烈なんです。
マスクをすると「怪しい人」と思われて目立ってしまうのでできないし。

せっかく空気が汚い冬が終わって、気持ち良い春が来たのに
ずっと家に籠ってテレビドラマばっかり見てるのでした。

先日も書いた通り、9月18日はチリの独立記念日です。
その時期だけに出るフォンダに行ってきました。
今年は夜に行ってみましたが、夜のほうがめちゃくちゃ混んでました。
(以前はイベントが多い昼間に行ってました)
多分、昼間は家族で集まってアサードして、その後お昼寝してから
夜、散歩がてらにフォンダに来てるのでしょう。

最近スマートフォンデビューしたばっかりなので、写真が雑でごめんなさい。
カメラと違ってまだコツがつかめてません。

c0103368_07495845.jpg
こーんな感じで人がいっぱいです。写真のお店でTerremoto(テレモト)という名前のカクテルを買って飲みました。
かなり強いお酒で、一気に飲むとふらふらになるからTerremoto(地震って意味)です。
Terremotoは基本、ビールにアグアルディエンテと呼ばれる蒸留酒とパインシャーベットが入って、グラナデンシロップがかかったものです。相当甘くて口当たりは良いんですが、アグアルディエンテという蒸留酒が度数が高いので要注意な飲み物です。
アルコールは駄目だけど雰囲気を楽しみたい人、子ども向けにノンアルコールのTerremotoもあります。

c0103368_07495024.jpg
これは大人向けの輪投げ。ほとんどお酒ばっかりですね。
c0103368_07494379.jpg
これは子供向けのボール投げ。
こういった夜店的なものや、食べ物の露店・民芸品や洋服などなど、たっくさんの店が出ていました。
音楽を大音量でかけて踊れるスペースなんかがところどころにあるのは、南米ならではですね。
あとは、移動遊園地も来ていたりします。

家族や友達同士でぶらぶらと来るフォンダは独立記念日にはなくてはならないものなんですね。
みんな無邪気に楽しんで、連休明けからはダイエット番組が増えます(笑)


なんと、今年の夏から東京に住んでいます。
きっと全く他の土地で生活したことがなくて、いきなり東京だったら
とまどうことも多かったと思いますが、
海外で生活したあとなので、関西との違いを楽しんでいる状況です。

言葉の違いとか、食生活の違いとか・・・

絶対関西弁の抜けない私は、東京の人に
「関西の人だね」とよく言われますが、私としては
東京の下町言葉にちょっと感動してたりします。

特にお正月の料理は地方色が出る時期。
近所のお米屋さんで「のし餅の予約はしなくていいですか?」と聞かれて
初めて、「のし餅」なるものの存在を知ったりとか・・・

あと、やたらと「焼き鳥屋」さんが多いとか・・・
関西のたこ焼き屋さんくらい、焼き鳥屋さんが多いです。

他にも気づいた事があったら、時々つぶやき程度に書いていきたいと思います。
タイトルはスペイン語で「メリークリスマス」の意味です。
夏のクリスマスにもすっかり慣れた私ですが、
今日は特に暑いらしいです・・・40度注意報が出てました。
もちろん、イブの夜は熱帯夜。
日本は寒いそうですが、地域によってはホワイトクリスマスになってるのかな?

これは先日パラグアイで買ったナシミエントです。
アルパやギター、ケーナを持ってる人がいるところがパラグアイっぽくて
気に入って買いました。
ほんとは25日の朝に赤ちゃん人形を置くんですが、
かわいいからずっと一緒に飾ってます。
c0103368_22544417.jpg

そしていつものスコットクリスマスツリー。
c0103368_22553687.jpg

そんなに派手に飾り付けはしていませんが、ちょっとだけでも
クリスマス気分になりますね。
ウルグアイは宗教色が薄い国なので、クリスマスもあんまり盛り上がりません。
イルミネーションも今年初めてやるらしいんですが、
見に行くにはバスで行かないといけないのに、バスの終了時間が20時。
そして日の入りが21時過ぎ・・・当然見に行けません。

今日は朝まで花火(爆竹含む)で盛り上がることでしょう。
なんか、ちょっと腑に落ちないウルグアイのクリスマスです。