癒し系CMを作っているお菓子メーカーAmbrosoliが今年70周年だそうで、
記念のCMが放映されてます。
今の世代のクマちゃんのお爺さんって設定かな?
世界遺産に指定されている、Valparaisoで創業したようです。

相変わらずセリフはありませんが、ほっこりします。



[PR]
# by chilemoya | 2018-06-06 11:14 | 食べ物
5月も後半に入り、朝晩も冷え込んですっかり秋な感じのサンティアゴです。
12日の深夜に冬時間に変わって、日照時間も短くなりました。

なのに、全然雨が降りません。
日本と違って、夏にはほとんど雨が降らないサンティアゴですが、
秋から冬にかけてはよく降ります。
本当はもうとっくに降っていなければいけないのに、
曇りはあっても、雨は降りません。

盆地のサンティアゴは空気の逃げ場がないので、スモッグがかなりひどいです。
アンデス山脈も霞んでしまって、全然きれいではありません。
そしてダムの水も底をついて、水不足も深刻化しています。

なので毎日、天気予報士さんが責められてます105.png

今の予報では5月の降水量は0mm...

雨男でも雨女でもいいので、チリに来てください。

[PR]
今日、ぶらぶらーっと近所のスーパーに買い物に行ったら
駐車場でCM撮影をしてました。
c0103368_08552695.jpg
c0103368_08551621.jpg
c0103368_08553361.jpg
写真左からFrancisco Saavedra(フランシスコ・サアベドラ)Jorge Zabaleta(ホルヘ・サバレタ)
Ignacio Roman(イグナシオ・ロマン)です。
フランシスコはテレビのバラエティー番組に出ている人で、おばちゃんに人気がある人。
ホルヘは俳優で、これもまたおばちゃんに人気がある人。
イグナシオはコックさんです。

Unimarc(ウニマルク)というスーパーのCMに出てるんですが、
おばちゃん人気の人を起用するのは当たりですよね。
ホルヘはすごく男前なわけじゃないですが、好きな俳優の一人です。
なので、CM撮影はドキドキしながら見てました。

いつも旦那に「近所のUnimarcにもホルヘ来ないかなぁ」って言っていたので、
生でホルヘが見れて良かったです。

さすがホルヘは人気俳優だけあって、他の二人と違って、終わってからさっさと帰ってしまいましたが、
フランシスコとイグナシオは終了後、見学してた人と写真を撮っていました。
もっちろん、私も撮りました。ミーハーなので129.png129.png129.png129.png129.png

私はいつも違うスーパーに行ってたんですが、去年ここが改装してから、
とっても買い物がしやすくて、品物も新鮮で良くなったので、こちらを利用する頻度が増えたんですが、
今日は行ってラッキーでした。

UnimarcのCMを一つ貼っておきます。
サッカーのサンチェスがマンチェスターユナイテッドに移籍が決まったときのもの。
ユナイテッドファンの私にとっては、良いCMです164.png



[PR]
今年は3月30日が聖金曜日のイースターです。
イースターは変動制の祝日です。
ご存知の方が多いと思いますが、キリスト教の祝日。
この日にイエス様が復活をされるという言い伝えがあって、
キリスト教徒は肉類を食べてはいけません。
なので、「肉」がダメなら「魚」といった妙な習慣になってしまい、
今では「魚(シーフード全般)を食べる日」みたいになってしまっています。

海に面したチリではシーフードはいつでも食べられるんですが、
この日は絶対シーフードを食べなければいけない」くらいの感じになっていて、
3連休中は海沿いの町に出かける人も多いです。
日本でも年末に年越しそばを食べる習慣があるため、
ニュースでは蕎麦屋さんの様子なんかを報道してますけど、
こちらでは、イースターに魚屋さん、シーフードのお店、海沿いのシーフードマーケットを
報道してます。

教会では「シーフードを食べることはかまわないけど、本来の意味からずれてる気がする」
と神父さんが言ってたり・・・正にその通りなんですけど105.png105.png105.png

一日くらいベジタリアンでも良いと思うんですけどね。

もう一つ、イースターのときに必ず放送される映画があります。
「ナザレのイエス」です。
もう、40年くらい前の映画で、6時間くらいある「イエスキリストの生涯」を描いた作品です。
チリ国営放送では、これを毎年放送していて、なんと今年で36回目だそうです。
かなり長いので、途中ニュースなんか挟んだりしながら放送してます。

3連休は旅行に行く人が多いため、結構閑散としてるサンティアゴです。

[PR]
チリの映画が今年のアカデミー賞外国語映画賞を受賞しました。
Una mujer fantástica(日本タイトル「ナチュラル・ウーマン」)です。
英語のタイトルはスペイン語をそのまま英語訳にして「Fantastic Woman」なのに、
日本語はなんでナチュラルにしたのかなぁ?とちょっと疑問なんですが・・・

チリ映画初のアカデミー賞ということで、とっても盛り上がっています。
トランスジェンダーの女性のお話だそうですが、まだ見ていません。

主演の女優さんのDaniela Vegaもトランスジェンダーの女優さんなのですが、
彼女はまだそんなに映画やドラマには出ていないので、あまり知りませんが、
他の俳優さんはチリでは有名な方ばかりです。
c0103368_07061842.jpg

が、さっきちょっと検索したら、Wikiの出演者の写真間違ってるし~!!!
Francisco Reyesという、チリで一番有名といっても良い、今回の映画でも
主演の相手役なのに間違えるなんて、有り得ませんね。
c0103368_07062663.jpg
彼は、ドラマにもたくさん出ていて、今もTVN(チリ国営放送)のドラマに二つ出ています。
ドラマ以外にも舞台や映画も多数、チリでは欠かせない名優です。

ナチュラル・ウーマンは日本でも公開されているみたいなので、
興味のある方は見てみてください。

[PR]
2月も終わりに近づき、朝晩はかなり涼しくなってきたサンティアゴです。
先日、サンティアゴからほど近いピルケというところにあるワイナリー
Concha y Toro(コンチャイトロ)」に行ってきました。
Concha y Toroは多分世界で一番有名なチリワインのワイナリーだと思います。
今回、なぜここに行きたかったかというと、
私の大好きなManchester Unitedのスポンサーだからなんですね~。
ショップにはサイン入りシャツも飾ってありました。
c0103368_06551443.jpg
ツアーの最初は、オーナーの夏の別荘を見学。ここはもう別荘としては使われていませんが、
賓客のおもてなしや、重要な会議等では今でも使われているそうです。
100年以上の歴史があって、当時のカーテンやテーブルクロス、家具や絵画等々そのまま使われているそうです。
c0103368_06452240.jpg
最初の試飲は白ワインから。木陰に樽が置いてあって、そこで試飲しました。
チリは夏でも乾燥しているので、木陰だととても涼しいんです。
c0103368_06552756.jpg
すぐそばにブドウの木がたくさん植えてありましたが、これは見学ツアーで説明及び試食用のブドウばかり。
季節によれば食べ比べることができます。26種類ほど植えてあるそうです。
もちろん、私が行ったときにはブドウがなっていたので、10種類ほど食べてみました。
甘味、酸味、固さ等々色々違いがありましたが、おいしかったです。
こんな感じでブドウの品種名が書いてあります。
c0103368_06553898.jpg
色んな説明を受けながら、途中試飲しつつ、ツアーの一番の目玉「Casillero de Diabro(悪魔の倉)」に行きました。
c0103368_06555872.jpg
奥に悪魔がいて、ワインを守っています。
とっても暗くて、肌寒くて雰囲気満点でした。

ツアーではCasillero de Diabroブランドではなく、Marques(マルケス)というブランドのワインを試飲。
色んなのが飲みたかったので、7種類試飲できるコースにして、色んなワインを楽しみました。
白2種類に赤が5種類。最後は試飲中に持って歩いたグラスをお土産にもらえます。

そして、もちろんこれも購入。
c0103368_06560916.jpg
Casillero de Diabroのレジェンダリーコレクションです。
スーパーにも売ってるんですけどね。
あと、キャップとシャツを買って帰りました。

チリ代表のアレクシス・サンチェスが今年Unitedに移籍したので、
キャップもシャツも堂々と着ることができます(^^)v

[PR]
# by chilemoya | 2018-02-27 07:20 | お酒の話
今、サンティアゴでは色んな果物が旬を迎えています。
そんな中、私がいつも買ってるお店ではブルーベリーとラズベリーが大人気。
ラズベリーは売り切れてることもよくあります。
そこのお店は質も良いけど、他と比べても安いんです。
ブルーベリーもラズベリーも500gで1500ペソ(日本円だと250円くらいかな?)
イチゴは500gで1000ペソ(170円くらい)です。

今日はサクランボが一番人気でした。
(買わなかったので値段はわかりませんが、大量に買ってる人が多かったので多分安かったんだと思います)

あと、ブドウも出始めてて、スイカやメロンもよく見かけます。
そしてもちろんチリモヤも~111.png

水分と共にビタミンもいっぱい取って、夏を乗り切りたいと思います。





[PR]
# by chilemoya | 2017-12-08 09:12 | 食べ物
早いもので、もう12月です。
チリの学校は12月から夏休みに入るので、大人も子供もすっかり「バケーションモード」です。

夏とはいえ、海沿いはなぜか冷夏といってもいいくらいの気温。
サンティアゴから一番近い第5州のあたりは最高気温、20度くらいです。
海に入るには寒いくらいですよね。
サンティアゴで30度前後ですが、朝晩は涼しく、今朝なんて10度くらいでしたから
ちょっと肌寒いくらいでした。

それでも、この夏は40度を超えるのではないかとの長期予報が出ています。
40度越え・・・まだ経験していないので、ちょっと怖いです。


[PR]
今、サンティアゴのデリバリーで一番多いのはお寿司屋さんだそうです。
2位がピザ、3位がサンドイッチ屋さんなんですが、本当にすっごく多いんです。
お寿司専門のデリバリーサイトもあるほどなんです。
レストランも以前に比べるとすごく増えていて、
ペルー料理や中華料理のレストランでも寿司をやってるところもあります。
もちろん、日本で食べられるお寿司と違って、カリフォルニアロール的なものがほとんどなんですが、
進化していってるお寿司、結構おもしろいです。

これはチリで一番多い(と思う)チェーン店「Sushi House 面」というお店で食べたときの写真です。
マグロとアボカドをサーモンで巻いてあるんです。それと鰻の握り。鰻は冷凍物なら簡単に手に入ります。
「面」はレストランとデリバリーと両方やっていて、私が以前住んでいたときからあるので、10年以上は続いてるのかな?
ショッピングモールに入ってたりするので、一人でふらーっと気軽に入れるお店です。
c0103368_23044880.jpg
これはTemploというちょっと高級レストランの鮭親子丼。高級レストランだけあって、盛り付けも素敵。
いくらが大量に乗ってて、すごくおいしかったです。
c0103368_23043632.jpg
あと、「Gohan」という名の丼ぶりものもあって、刺身やアボカドが乗っていて、普通のお寿司より少し安いので
学生に人気のようです。私も一度食べましたが、天かすが乗っててびっくりしました。

サンティアゴのセントロ区では50%、ラ・フロリダ区では60%がお寿司屋さんだそうです。

寿司酢、照り焼きソース、寿司用米やわさび・ノリも少し大きいスーパーなら売っていて、
自分の家で作る人も増えてきているようです。
うちの近所もデリバリー専門店が何件かあって、2件ほど試しましたが、どこも普通においしかったです。
今後も増えていくと思われるお寿司屋さん、色々食べ歩きしてみようと思います。

[PR]
# by chilemoya | 2017-10-25 23:22 | 食べ物
昨日、2018年W杯の最終予選が行われました。
残念ながら、チリはブラジルに負けてしまって6位になり、W杯出場にはなりませんでした。

本当に残念なんですけど、なんか仕方ないかなーとも思います。
ここ最近のチリの試合を見てると、全然ダメダメで122.png122.png122.png

監督の選手召集も疑問がいっぱいだったし、若手を使うのは大事ですが、
中堅の経験豊富な選手も使ってほしかった。

私の大好きなMatiも呼ばれませんでした。リーグでは活躍しているのに。
こんな良いフリーキックを決められるのに、なんで呼ばなかったんでしょう。
あー、とっても残念です。

来年のW杯、チリではきっと盛り上がらないことでしょう。

[PR]
# by chilemoya | 2017-10-12 05:31 | サッカー