ブログを書こうと思っているうちに、あっという間に今年も6月になってしまいました。
こんなに長い間書かなかったのは初めてかも・・・

もうすっかり忘れ去られているかもしれませんが・・・

いよいよ明日から「コパ・アメリカ」が始まります。
今回の開催国はチリなので、ぜひとも上位に入ってもらいたいと思っています。

で、去年のW杯では怪我のため出られなかった、私の大好きなMatias Fernandezが
今回は出場します。
ちょっと大人になって、かっこよくなったなぁ。
c0103368_23151282.jpg

この写真はチリ代表のオフィシャルからもらいました。

たーぶーんー、優勝はアルゼンチンだと思われますが、
せっかく自国開催なのだから、決勝くらいまで行ってもらえたらなぁと思います。
[PR]
# by chilemoya | 2015-06-10 23:17 | サッカー
なんと、今年の夏から東京に住んでいます。
きっと全く他の土地で生活したことがなくて、いきなり東京だったら
とまどうことも多かったと思いますが、
海外で生活したあとなので、関西との違いを楽しんでいる状況です。

言葉の違いとか、食生活の違いとか・・・

絶対関西弁の抜けない私は、東京の人に
「関西の人だね」とよく言われますが、私としては
東京の下町言葉にちょっと感動してたりします。

特にお正月の料理は地方色が出る時期。
近所のお米屋さんで「のし餅の予約はしなくていいですか?」と聞かれて
初めて、「のし餅」なるものの存在を知ったりとか・・・

あと、やたらと「焼き鳥屋」さんが多いとか・・・
関西のたこ焼き屋さんくらい、焼き鳥屋さんが多いです。

他にも気づいた事があったら、時々つぶやき程度に書いていきたいと思います。
[PR]
私の大好きな大好きなアルゼンチンのミュージシャン、Gustavo Ceratiが、
遠いところへ旅立ってしまいました。

4年ほど前に倒れて以来(その時の記事はこちら)ずっと回復を願ってきましたが
ほとんど続報も入らないまま、昨日亡くなったそうです・・・

4年間昏睡状態が続いていたので、お疲れさまという気持ちもあるんですけど、
やっぱり劇的に復活して、またステージに立ってほしかった。
一度も見たことがなかった彼のステージを見てみたかった。

彼はアルゼンチンのSodaStereoというバンドのボーカル兼ギタリストでした。
一度解散したんですが、私がチリにいる間に再結成。
再結成のライブのチケットは10分で売り切れるという凄さで、
とても行くことはできませんでした。
(それに、リアルタイムで聞いてたわけではないので、ちょっと遠慮の気持ちもあったし)

昨日の夜もライブ盤を聞きながら
「早く復活しないかな~」と旦那と話してたとこだったので、
このニュースは本当にショックです。

これからも彼の音楽はずっとずっと聴き続けていきます。
ありがとう、Gustavo。
c0103368_1734529.jpg

[PR]
# by chilemoya | 2014-09-05 17:34 | 音楽
連日、W杯の熱戦が繰り広げられていますが、
このたび、ネット投票による「W杯出場チームで一番のハンサム」が決定しました。
チリのマウリシオ・ピニージャです。
c0103368_16251743.jpg

チリは惜しくも負けてしまいましたが、
ブラジル戦での延長で、彼のシュートがバーに当たってしまった映像も
何度も流れていたことでしょうから、注目が集まったのかもしれません。
ちなみにノミネートされてたのは、こんな選手たち。
c0103368_16271619.jpg

ちょっと細かすぎてわかりにくいかもしれませんが、
準々決勝で、ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウドに勝ってます(^^)v

この通りのルックスなので、ちやほやされすぎて
サッカーよりも遊びに夢中になっていた時期もあったのですが、
最近はまたイタリアで頑張ってるようです。

コパ・アメリカでも代表に選ばれるように、頑張ってほしいものです。
[PR]
2014年W杯決勝トーナメントの第1試合、
ブラジル対チリが行われました。
もうほとんどの方がご存知の通り、激闘の末、PKでブラジルの勝利で終わりました。

ですが、チリも本当に頑張ったと思います。
怪我明けで本調子じゃないビダル。
私の一番大好きな選手も怪我のため、代表辞退。
監督の使いやすい選手が集まった、今回の代表に
正直、あまり期待はしていませんでした。
(他にも実力のある選手が代表から降ろされてたので)

でも、ブラジルに全然負けてない試合内容でした。
その中で、一番頑張ってたのは、この人だったと思います。
DFのメデル。
c0103368_19161498.jpg

中央でぼろ泣きしてる17番です。

オランダ戦での頑張りで疲労がたまったせいか、
足を痛めており、ブラジル戦出場もぎりぎりまでどうなるかわからなかった状態でした。
でも、延長の後半まで頑張っていました。
本当は最後まで出たかったことだと思います。

一度食らいついたら離さないというくらい、気合の入ったプレーで
以前はかなり気性も荒かったため、(風貌もあるけど)
ピットブルという闘犬のニックネームをつけられている選手です。
今はキレた暴力行為もしなくなり、本当に素晴らしいプレーヤーになったと思います。

見ている方も一瞬も気が抜けないような緊迫した試合で
どちらにも勝たせてあげたかったなーって思うような試合でした。

今思い出しても、ちょっとウルウルしてしまうくらい、感動的な最後でしたけど、
私は最初から音声を消してみていたため、(ひどそうだったんで)
あまり知りませんでしたが、あとで色んなネットの書き込みを見ると
やっぱり良くなかったようですね。

「チリは何も背負うものがない」とかいうことを言っていたそうですが、
何も知らないんだなーって思いました。

あの有名な鉱山事故のほかにも、4年前の地震や津波でまだ復興中だということ、
世界遺産であるバルパライソの大火事で何人もの人たちがいまだに住むところがないこと。
火山噴火の影響で故郷に帰れない人などなど、
そんな人たちの希望も背負っていたんですよね。

ウルグアイのスアレスは貧乏な家に育ったから、精神不安定でとかなんとか
心理学者が言ったりもしてるようですが、
チリのサンチェスもかなり田舎の出身です。
きちんとした病院もないようなところで、医者を街に派遣してもらうために
所属チームのバルセロナのチームメイトの力も借りて、
政府に訴えて、見事に医者の派遣を成功させた人です。
毎年、クリスマス休暇には地元に戻って、子供たちにプレゼントを配るイベントもしてるし、
小さな街の大きなヒーローなんですよね。

もちろん、私はチリに住んでたこともあるし、愛着があるから
チリのニュースは知っているわけですが、
何も知らなければ軽々しく何も言わないでほしいと思ったりなんかして・・・
エラそうなことを言ってしまいますが。

とにかく、今回のチリのW杯での戦いぶりはグループリーグから含めて
素晴らしいものだったと思います。

もうチリにとってのW杯はここで終わってしまいましたが、
記憶に残る試合をしてくれて、本当にありがとう。
チリのファンでよかったって思いました。
c0103368_194031.jpg

[PR]
# by chilemoya | 2014-06-29 19:40 | サッカー
今、W杯で一番話題になっていると言ってもいいくらいなのは
ウルグアイ代表の「スアレス噛み付き事件」ですね。
c0103368_21413138.jpg


この時の審判はメキシコで「吸血鬼」のニックネームを持つ人。
同類ということで、レッドは出さなかったのかな?と勝手に思っております(^^;;

何回も報道されてる通り、彼は前科があります。

でも、ウルグアイに住んでいたことがある私は、
なんとなーく理解できます。

なぜなら、ウルグアイは子供のしつけということを全くしない国なので。

子供の時に嫌がることをさせると、ストレスがたまって
大人になってから暴君になるので
子供の時は好き放題させるというのがウルグアイ流の子育てなんです。
(それは逆だと思うんですけど)

食事は子供の好きなものしか食べさせない。(栄養なんか関係ないんです)
公共の場で騒いだり、暴れてても注意しない。
学校へ行きたがらなければ、休ませて遊びにつれていく(当然親も仕事を休みます)

もちろん、全てのウルグアイ人がこうだとは思わないですが、
でも、近隣諸国からも「変な国」と思われてるのは事実です。

そんな国で生まれ育ったスアレスのことを、他の国の人が精神分析などしても
理解しがたいのではないかなーと思ったりもします。

さて、FIFAはどういった処分をするんでしょうね・・・
さすがにここまで問題になってしまって、お咎めなしはないと思うんですけど、
どうなることやら・・・
[PR]
# by chilemoya | 2014-06-26 22:06 | サッカー
日本で住んでる人のほとんどが驚いたと思いますが、
チリがスペインを破って、決勝トーナメントに進みました。

スペインは1戦目もオランダに大敗したため、
かなり本気で来るか、それとも修正してこないままくるか
どっちかなー?と思ってましたが、
結局修正できないままだったようです。

チリでは(というか、中南米の多くの国もですが)
昔侵略されたスペインにいまだに敵対心が強いので
スペインに勝ったっていうことが特に喜びを大きくしているようです。

今回のMOMはこの人、バルガスでした。
c0103368_17223100.jpg

結構、何にも考えないしプレッシャーとかと縁のないタイプで、
すばしっこく突っ走るタイプ。
知名度はまだまだ低いですが、これから有名になるかも。
私は愛情をこめて「バカ」と呼んでます。

トーナメントに進んで、いきなりブラジルと当たると負けてしまうと思いますが、
とりあえず、今は予選突破を喜んでおきます。
[PR]
# by chilemoya | 2014-06-19 17:28 | サッカー
いよいよ、W杯が始まりましたね。
開幕戦ではブラジルが勝利しましたが、
これから、毎日熱戦が繰り広げられるのは
サッカー好きにとってはわくわくする期間です。

そんな中、日本とコートジボワール戦の審判が発表になりました。
こいつです。
c0103368_1095614.jpg

南米予選でも誤審しまくりだった、オセス(チリ人)。
FIFAもさっさと国際審判の免許はく奪してもいいんじゃないか?と思うくらい
ひどい審判です。

もちろん、チリの国内リーグでも審判をしてますが、
好きなチームがばれていて、そのチームの試合時には
露骨にひいきをします。(PKは簡単に与えるし、相手チームにレッドはすぐ出すし)
というわけで、ちゃんとした試合にならなければ、全部彼の責任です。

唯一の好材料といえば、日本のウェアが彼の贔屓チームと同じ色だということ。
チリでは「日本が勝つだろう。ウェアが青いから」と言われてます(^^;;

日本戦は15日・・・果たしてどうなることやら。
[PR]
# by chilemoya | 2014-06-13 10:19 | サッカー
どこに行っても結構平気だと思っていた私ですが、
ウルグアイだけはどうしてもダメでした・・・

物価が高いのは行く前から聞いていたけど、
売っている物の質があまりにも悪いというのは予想外でした。
不良品ばっかり売ってるの?って思うくらい。

カビがはえてる野菜や果物。
しなびて腐りかけてるものも多くて・・・
自慢の牛肉も品質がきちんと管理されてるわけではなく・・・

そしてあまりにも「働く」ということに対して、意欲がない国民性で
住むにはあまりにも不便な国でした。

それでも、良い意味でのラテン気質があれば明るく過ごせたと思いますが、
ジョークも言わない、集まれば人の悪口か不満のみ。
いつも不機嫌そうな顔をしてるのにはちょっと辟易しました。

問題がありすぎて辛くて、アルゼンチン・チリ・パラグアイ・ブラジルへ逃げてました。
ウルグアイという国は小さいのに、他の国とは違った、独自の進化を遂げているようです。
もうちょっとラテンの良いところも持っててほしかったなぁ。

問題を上げると、本当にキリがなくて、
帰国してから友人に話すと、全部作り話と思われてしまったくらい変な国。
そんな国でした。

ですので、あまりブログもアップすることもなく・・・
本当はサッカーの話とか、ウルグアイ国内の話とか
いーっぱいお伝えしたかったんですけどね。

今は「ウルグアイ」って国に対してトラウマを抱くくらいになってます。

早く、他のラテンアメリカに戻りたいなぁ。
[PR]
日本に戻ってきました。
ウルグアイは思っていたほど良い国ではなく、
出国時も何の感傷もわきませんでした。
友人としばらく会えなくなるのがさみしいくらいで・・・

2年も住んでいたのに、好きになれなかったのは
本当に残念です。

チリから帰るときは辛くて、帰国してからもしばらくは逆ホームシックが続いてましたが、
今は、南米から離れたというのが悲しいってだけです。
ウルグアイは南米にありながら、南米っぽさが全くありませんでした。

トラブルばかりのウルグアイ生活でしたが、いつかは良い思い出になるんでしょうか?
とりあえず、今はウルグアイには2度と住みたくないなーって気持ちでいっぱいです。

(アルゼンチンとかだったらいいけど。もちろんチリが一番ですけどね)

追々、ウルグアイがどうして良い国ではなかったのか、
暴露していきたいと思ってます。
[PR]
# by chilemoya | 2014-04-24 19:04 | その他