<   2008年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

10月31日はハロウィンということで、ちょっと怖い話を2つほど・・・

1つめ。
昨日、旦那がテレビを見ていたらちょうど日本の映画をやっていました。
「輪廻」っていうホラー映画だったんですが、
一緒に見ていて俳優の名前がぜーんぜん出てこない!!!
顔はわかってるのに、全く出てこないんです。
二人とも映画の内容より「誰やったっけー?」ばっかりが気になってしまい
適当に色々あげてやっと主役の二人だけわかりました。
こんなに名前が出てこないなんて老化現象の始まり???
とっても怖いです。

2つめ。
同じく昨日の話。
旦那が帰ってきてから頼みごとを1つしたんです。
「部屋の隅でガが死んでるから捨ててー」って。
ガと蝶が死ぬほど嫌いな私はそれらが死んでても近づけません。
呆れながらもちゃんと捨ててくれた旦那はすごい話をしました。
「今年の冬に結構雨降ったから、今年はガが大発生するんやてー。
 ぶどうの木につくガが特にひどいらしくて、ワイナリー大変らしいでー」
怖くて窓が開けられなくなってしまいました。
そーいえば窓から入ってこようとするガが多い気がする・・・
怖すぎです。
[PR]
先日書いた「選挙」の話の続きです。
昨日、10月26日にアルカルデ(市・区・町・村長)と議会議員の選挙が行われました。
日本と明らかに違うなーって思ったことをつらーっと書いてみます。

*選挙運動が2日前に締め切られること。
 いわゆる「最後のお願い」が木曜の24時をもって終了でした。
 でも、立て看板やらは放置されたまま、宣伝電話も金曜までかかってました。

*投票所が男女別であること
 開票結果の男女別比率を出したりするらしいんですが、
 他にも理由があるのかな?詳しいことはよくわかりませんが、
 全く違う場所に行って投票を行ってました。

*選挙人登録をするということ
 日本では20歳以上の成人に投票のお知らせが送られてきますが、
 チリでは先に選挙人登録をしてから投票に行くそうです。

*投票を棄権すると罰金
 選挙人登録をしていて選挙に行かなかった場合、罰金が発生するそうです。
 なので白紙でも無効でも必ず投票に行かないといけません。
 日本では投票率が低いのが問題になってますが、チリではかなり高いです。

*投票をするために長い列
 投票所はかなり少ないみたいで、それに加えて投票する机も少なく
 1時間以上並ぶのは当たり前のようです。

*投票した後は拇印を押す
 日本と違ってみんなクリスチャンネームなので、同姓同名がやたらと多いので
 身分証明書の番号記入とサインの他に拇印まで押します。
 青くなった親指が「選挙に行った証」となります。

*投票所・開票風景を全てテレビが中継
 開票風景なんていうのは日本では公開されていませんが、
 チリではテレビ局が入って中継をします。
 (全ての投票所にではないですけど)
 それがもう、「うっとうしいんじゃない?」と思うくらいの激しさで、
 票を読み上げたりしてる人にインタビューしたりしてました。
 結構おもしろいので見てましたけど。

*現職がかなり強くて、汚職があろうが何があろうが当選
 チリは保守的な人(特に女性)が多いらしくて、
 自分の生活に明らかに支障があるような場合(治安の悪化など)を除いて
 汚職くらいじゃー知事を辞めさせるって考えはないみたいです。
 だから汚職が蔓延するんでしょうね・・・

こんな感じでチリの選挙は終わりました。
[PR]
最近ブログさぼってますが・・・
単に書くネタがないだけで、元気です。

おもしろいテレビもないしー、出かけてないしー、って感じなんですが、
暑くなろうというこの時期にまたまた編み物に燃えてるせいもあるのでした。

あ、それと・・・
これから暑くなるって時期なのに毛布を買いました。
念願の毛布です。
なんでかというと、こっちはウール100%の毛布がとーっても安いんです。
しかもとーっても密度が濃いせいかあったかーい。
来たときから「絶対毛布買って帰る!」と言ってたんですが
先日ようやく買ってもらいました\(^o^)/
シーズンオフで安くなってたのと、製造元直売店だったからか
ダブルでなーんと約1800円。
お買い得でした。
[PR]
by chilemoya | 2008-10-24 01:15 | その他
昨日、旦那といつも行ってるお寿司屋さんに行きました。
そこの店長はなんとなーくアヤしい人物でやたら目立つ人。
道を歩いてても、遠くの方に彼がいるとすぐにわかるくらい。
良い体格でチリでは珍しい角刈りなんです。
そしてやたら明るいし・・・
そんな店長が気に入って通ってるのもあるんですが・・・

食べ始めて少し経ってから、どやどやーっと5人連れが入ってきました。
ちょっと変わった雰囲気の人たち。
そしてその後しばらくしてから、やたらと陽気なおっちゃんがそのテーブルに来ました。
その途端、店長もハイテンションでそのおっちゃんとハグしてます。
誰が来たかというと・・・
c0103368_8315415.jpg

Kiltro(キルトロ)という映画で悪役をやっていた俳優さん。
(名前は知りませんが、顔は知ってます)
Kiltroという映画はチリ初のマーシャルアーツ映画で、
B級アクションマニアの私にはたまらない(笑える)映画です。
旦那と私の間ではKiltroといえば笑いのネタ。
その俳優さんが目の前にいるんです!!
最初は見間違いかそっくりさんかと思ったんですが、
こんな特徴的な顔の人はそうそういませんし、
何よりも後ろを向いた彼の背中には
Kiltro Stunt Team」の文字が!!!
これを見た途端、大爆笑してしまいました。
(ちなみにKiltroは2年前の映画です)

その後、お寿司を食べるでもなく、みんなに挨拶だけして去っていった彼。
(どうやら店長のお友達だったみたい)
私は店を出る最後まで笑いが止まらず大変でした。
そして「下の店とかにいてるかもね(寿司屋は2階にあります)」と言ってたら
旦那が「外にいてるで」と・・・
冗談かと思いましたが、外に出るとなんと立ち話してるしー!!
なーんと30分以上も立ち話をしていたみたいです。
それを見てまた笑いが止まらず、今も思い出しては笑っている私です。

うちの近所は俳優さんが結構住んでるらしく、今までも何人か見たことはありますが
(かっこいい人は見ないけど)
こんなに大爆笑させてもらったのは初めてです。
彼もご近所さんなのかなぁ?
[PR]
昨日、10月15日はW杯南米予選のアルゼンチン戦でした。
午後6時半ごろ、変なクラクションとサイレンが凄かったため外を見ると
なーんと、アルゼンチン代表を乗せたバスがパトカーの先導でゆっくりと走ってました。
それに対してブーイングするチリ人達。
今まで何十回と対戦をしているアルゼンチンですが、
まだ親善試合にしか勝ったことがなく(それも5回だけ)
W杯予選では1勝もしたことがないチリ。
みんな「今日は勝つぞ」といいつつ「どうせまた負けるわ」という気持ちもありつつ・・・
先日のエクアドル戦でぜーんぜんいい所がなかったチリなので
あまり期待をせずに見始めました。

が!!!

本当にチリか?と思うくらい良いプレーが続出。
アルゼンチン相手に攻めまくって、ついに前半35分ゴール!!
チリ代表の中でもちびっ子のFabian Orellana(ファビアン・オレジャーナ)です。
c0103368_1553285.jpg

Orellanaは今回の試合の前から色んな所で評判が高く、
「絶対に彼を出すべきだ。」という元代表選手たちの意見をよくテレビで見ました。
そして彼にパスを出したのが去年の20歳以下W杯でも活躍した
ピットブル(顔が怖いからそんなあだ名)ことGary Medel(ガリー・メデル)
c0103368_1561732.jpg

彼は昨日ずーっといいプレーをしてました。
一時は荒いプレーも多かったんですが、
最近は冷静な判断ができるプレーヤーになってます。
後半の最後の方で足を痛めたらしく、交代してしまったのが残念でしたが。

その後も何回も惜しいシュートがあったりしましたが、
なんとディフェンスがアルゼンチンの攻撃を頑張って抑えたんですねー。
(チリのディフェンダーは小さい人が多いので、結構弱いんです。)
昨日の先発メンバーの中では180センチを超えるのはキーパーのみという
ちびっ子が多いチリ代表。

そして後半も見事に抑えきり、1-0でアルゼンチンに勝利したのでした!!!
喜ぶみんなの写真です。
c0103368_221565.jpg


試合終了後からしばらくしてクラクションを鳴らしまくる車でプチ渋滞。
みーんな試合に勝ったら集まるというPlaza Itariaに集合していたんですね。
この日のために来てもらったといってもいいくらいのビエルサ監督。
(彼は元アルゼンチン代表の監督)
いつも厳しい顔の監督ですが、試合後は控え室でにこにこだったようです。

で、おまけ。
昨日も頑張ったMatigol。試合前の国歌の時の写真が可愛かったので載せときまーす。
c0103368_26010.jpg

(写真はぜーんぶCanal13から)
[PR]
by chilemoya | 2008-10-17 02:14 | サッカー
チリで人気がある番組、「AmorCiego2」が昨日最終回を迎えました。
タイトルは「恋は盲目」って意味になるのかな?
むかーし関西方面でやってた「ラブアタック」という番組の
合宿版リアリティ番組でした。
1のときは一人の女性を20人の男性が色んなゲームをしながら
アタックしていくという番組でしたが、
今回シリーズ2では3人の女性を20人の男性が取り合いするってものでした。
しかも3人の女性も人気投票で落ちていき、最終的に一組のカップルが残ったんです。
それがこの人JennyとMario
c0103368_231729.jpg
c0103368_2312059.jpg

Jennyはモデルで出ていた女性達の中でも一番しっかりした感じで
「この人が最後まで残るんだろうなー」と思っていました。
Marioは20歳で今まで彼女ができなかったというちょっと虚弱体質なタイプ。
でも、共同生活の中で見せる彼のおもしろさ、優しさが視聴者ウケしたのか
視聴者の人気投票では1位を獲得してました。
(私も彼のファンでした)
そしてそんなMarioに段々と惹かれていったJennyは
番組途中でも「一番大切な人」とまで彼に言ってしまってました。
前回の時は「なーんでこんなんが選ばれたん?」って思うくらい
共同生活中に誰とでも喧嘩するような人だったんですが、
(その時も彼が視聴者人気投票で1位でした)
今回は全く正反対なタイプが選ばれただけに、チリ人の感性っておもしろいなーと・・・

前回と違って、今回は放送日や時間がころころと変わったため、
あんまり見ることはなかったんですが、
やっぱり最終回だけは見逃したくないなーと思って
昨日は最後まで見てしまいました。
[PR]
ずーっとずーっと探していたCDをやっと見つけて買いました。
それはこれ!!
Angel Parra Trio(アンヘル・パラ・トリオ) 
c0103368_7201711.jpg

このCDはチリの古い歌をアレンジしているんですが、
これがすっごくかっこいいんです。
今、私が大好きなLos Tresというバンドのメンバーの別プロジェクトなんですが、
ずっと探していてなかなか見つからなかったので、
とってもうれしいです。

そしてもう1枚はずーっと探していたわけではないですが、
買いたいなーって思っていたもの
3×7 Veintiunaというバンド。
普通は数字だけでいう場合はVeintiunoと最後がoになるんですが、
あえてaにしたという不思議なバンド名。
このバンドのメンバーの一人はここに書いてあるんですが・・・
c0103368_725976.jpg

Daniel Muños(ダニエル・ムニョス)といってHuaiquiman役をやってた人。
彼は元々ミュージシャンであり、俳優でもあるんですが、
彼自身は音楽活動の方が好きだとのこと。
そしてこのバンドはチリのフォルクローレ、クエカをやっています。
クエカの踊り方を教えたりもしてるみたいで、
彼に教えてもらえるんだったら、すぐにでも習いに行きたいなーと
ミーハーな私は思うのでした。
[PR]
by chilemoya | 2008-10-14 07:29 | 音楽
チリは今、春です。
果物、野菜も色々と種類が増えてきて見ているだけで楽しいんですが、
一番「春が来たなー」って思うのはやっぱりこれです。
アルカチョファ(アーティチョーク)。
以前もこの日記で載せたことがあるんですが(こちら
今回買ってきたのはもっと大きいものです。
c0103368_915348.jpg

うちで一番大きい鍋で、直径は30センチ弱あるんですが入りきりませんね。
「3つ買う?」とか言ってましたが、2つで充分でした。
とにかくでかいです。
今ゆでてるとこなんですが、アルカチョファは1時間くらいゆでないといけないんですねー。
そしてゆであがったものを1枚ずつはがしながら
ドレッシングをつけて食べます。
これだけ大きいと食べるのも結構時間がかかりそう。

ちなみにこれを買ったのは近所の八百屋さんなんですが、
ここの八百屋さんのは何でも大きいんです。
セロリは1株で売ってるんですが、計ってみたら4キロもありました。
葉っぱの部分も新鮮で、パスタなんかに入れて食べたりしてます。
色合いなんかも春っぽくて、良い感じです。
[PR]
by chilemoya | 2008-10-12 09:23 | 食べ物
10月11日から12日にかけてチリは夏時間に変更になります。
今まで冬時間中は日本との時差は-13時間でしたが、
夏時間中は-12時間になります。
ちょうど12時間の時差ってわかりやすくっていいですよね。
[PR]
電話セールスにやられてしまいました・・・
もー、すっごくしょっちゅうかかってくる電話のセールス。
「長距離電話はお得です」ってやつです。
しつこいし、いらないって何度も言っても
「日本にかけるなら1分○ペソです。」とか延々と説明するんですよー。
それで
「資料だけでも送らせてください。住所は・・・ですね。」
と、もう住所も知ってるし
「じゃー、勝手に送ってください」
と言ったのが間違い!!

資料どころか、毎月の手数料がかかるようになった契約書が送られてきたんです。
しかも、もー勝手に手数料ひかれちゃってるし(>_<)
手数料がかかるなんて一言も言ってなかったし、
契約したなんてぜーんぜん意識がなかったんですよ。
しかもその手数料は契約してる別のケーブル会社を通して請求されているので
正規に契約してるケーブル会社の請求は払わないわけにはいかないんです。
しかも巧妙なのが、クーリングオフの期間いっぱいで送られてくる契約書なんです。
通常、契約したもののクーリングオフは10日間だかなんだかですが、
電話で契約したことになって、契約書が来るのは10日目くらい。
もうクーリングオフもできません。

怒った旦那がネットで色々調べてみると、出るわ出るわ、この手の苦情が山盛り。
曰く・・・

*子供が電話に出たときに訳がわからないまま資料を送るのを了承させた
*勝手に送ってきた
*契約料なんか一言も聞いていないから、解約しようと思ったら
 解約受付なんてものは存在しなくて、電話をたらいまわしにされたあげく
 「一度契約されたものは解約するまでに数ヶ月要します」と言われた。
*安い給料で働いてるコールセンターの人たちが必死で件数を稼ごうとしているため
 きちんと説明しないまま勝手に契約したことになってる

などなど・・・
もー、完全な詐欺です。
でも、こういったやり方を取り締まる法律がないようで、
みなさん泣き寝入り・・・
月々の手数料が200円程度なので、うちももう泣き寝入りするかーって感じです。
電話たらいまわしで腹立てて、契約解除に数ヶ月要するんだったら
そんなんしてる間に帰国しちゃいますから。
ほんと、めーっちゃくちゃ腹立つから社名はでっかく書いておきます。

「123のENTEL」
[PR]