<   2007年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

このブログでもよく書いているのでお察しかと思いますが、
私はチリに来てからColoColoファンになってしまいました。

それでついつい買ってしまうのがグッズ。
これは2006年シーズンを記念して発売されたワイン。
ラベルがチームのロゴになってます。
c0103368_841519.jpg

そしてこれは最近Parisというチリのデパートで売られているチームマスコット。
ColoColoはチームカラーが白黒なので、マスコットはホワイトタイガーになったみたいです。
c0103368_854358.jpg

このホワイトタイガーは本日購入、レジの人に
「プレゼントですか?」と聞かれ、
「私のです」と言うと、笑われました。
日本人(しかも女性)がColoColoのを買うのがおもしろかったんでしょうね。
他にもポケットティッシュも買いましたが、購入したときのレジのお兄ちゃんが
チリ大学ファンだったので、激しくブーイングされました(^^;;
(チリ大学とColoColoは阪神と巨人みたいなものです)

2007年後期も始まり、4連覇を願って応援していきたいと思ってます。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-30 08:13 | サッカー
先週の土曜、Difuntos Correaのライブに行ってきました。
(この写真はセカンドアルバムのジャケット)
c0103368_22321159.jpg

このバンドは去年の音楽の日のイベントで見たんですが、
その時は4・5曲ほどしか聞けなかったので、ずーっと旦那に
「絶対フルのライブを見たい」と言い続けて、やっと行くことができました。
今は冬休みなので、色んなライブが格安で見られるんですが、
このバンドはCDに「ライブ招待券」が一枚ついているのでそれを利用し、
あと1枚だけ購入しようと思ったらそばにいた人達が
「友人が来られなくなったのでチケットあげます。」と言ってくれ、
なんとタダでもらってしまいました。

メンバーはボーカル兼ギター・リードギター・ベース・ドラム・トランペット・トロンボーンという6人編成。
モール内にある200人くらいの小さな会場は満席で、私達は席がなく立ち見でしたが、
結局席がある人もみんな立って見ていたので同じですね。
このバンド、曲は一昔前のロックという感じで、ルックスも良いとは思えないんですが、
なぜか女子高生にすごく人気があり、アイドルのコンサートのようでした。
この日はラジオの公開放送だったので1時間で終わると思っていたのですが、
放送終了後に新しいビデオを流し、その後また40分ほどのライブを続けてくれたのです。
彼らは去年の年末にセカンドアルバムを出したところなんですが、
もう次の新曲を1曲だけプレーしていました。

アルバムの1枚目は10曲入りで30分ちょっと、2枚目は12曲で40分ちょっとという
今時珍しいくらい1曲が短いので、演奏した曲数もかなり多かったため、
聞きたかった曲を全て聞けて大満足でした。
(彼らのサイトでほとんどの曲を聴くことができます)

土曜は昼間に雨が降ったため、ライブ終了後にはかなり冷え込んでいましたが、
空気がきれいだったので屋上駐車場から見た夜景もとってもきれいでした。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-26 23:00 | 音楽
先週の金曜、またまたパジャドールを見に行ってきました。
パジャドールの過去記事はこちら

今回はLos Mentaosという4人組みの人たちのみ。
チリ国内だけでなく、国外でもパジャドールの存在を積極的に広めている人たちです。
(画像は彼らのサイトから)
c0103368_1302510.jpg

パジャドールの詩は韻をふんだり、独特の言葉を使うので
チリ人でも慣れないと意味がわかりにくかったりするそうです。
なので私がわからなくても当たり前。
最初からそういう気楽な気持ちで聞くので、たまにわかったらすごくうれしかったりします。
会場はうちより少し南の山よりなので、すごーく寒かったんですが、
始まると同時にホットワインが配られたので、体も温まりました。
約1時間くらいの演奏だったのであっという間でしたが、
来月には去年行った全国パジャドールの集いを再びやるそうなので
また行ってみたいと思います。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-25 01:48 | 音楽
サッカー、20歳以下ワールドカップが終了しました。
下の記事のような事件があったにも関わらず、
チリ代表は健闘して3位になり、見事銅メダルを獲得しました。
警察に締め上げられたSanchezは残念ながら出場できませんでしたし、
1点を守り抜くとっても厳しい試合でした。

チリ国民の反応は薄く、先日の事件ですっかり熱が冷めてしまったようです。
試合も日曜の12時過ぎからということもあって、
見ている人も少なかったのかもしれません。
(チリ人は週末は朝方近くまでパーティーをし、
昼過ぎまで寝ているというパターンが結構あります)

オーストリアの攻めを何度となくセーブした名GKのToselliは
今回のワールドカップで492分間無失点記録を達成し、新記録を作ったそうです。
いち早くファンクラブなんかもできてしまいました。

チリは予選からトータルで6試合戦ったんですが、
その中でも一番印象に残るのは決勝トーナメント1試合目のポルトガル戦です。
ヨーロッパ対南米ということもあってか、審判団はアジア系。
主審にマレーシア人、線審はタイ人と中国人でした。
「大丈夫かな?」と試合前に懸念していたうちの旦那。
明らかに国際試合の経験不足といった感じの審判で、
言葉も一切通じない上に、やたらとカードを出しまくってしました。
飛んできたパスを受けたらオフサイドだったSanchez、それだけでイエローカードです。
納得いかない選手が説明を求めても、すべて跳ね返して、
両選手ともプレーが段々荒くなっていき、最後にはポルトガルの選手が
レッドカードをもらってしまいました。
それはもらっても仕方のない状況だったのですが、
それまでも何度も叫びながら審判に抗議していたポルトガルの選手、
そのレッドを見て他の選手がなんと審判からカードを取り上げてしまいました。
もちろんその選手もレッドをもらってしまい、一気に二人も退場。
泣き叫びながら退場していく選手が本当にかわいそうでした。

そして最後はフリーキックを蹴ろうとしていたVidalに対して2枚目のイエローを出し、
レッドで退場。
これも審判の笛を待っていたVidalに対し、審判は「時間かせぎ」とみなしたためです。
すでにロスタイムの時間も経過しており、
本来ならもっと早くに試合終了をしているはずだと思います。
Vidalがボールを置いて数歩下がったところでいきなりカードだったので、
本人もなぜカードが出たのか納得いかないようでした。
試合後のインタビューでVidalはこう言っています。

「僕達のような若い選手は国際経験もあまりないし、他国でプレーしている選手も
少ないのに、なぜ言葉が通じる人を審判としてくれないのか」


チリはスペイン語でポルトガルはポルトガル語です。
元々同じ言語で似ているので、どちらかが話せれば大丈夫なはずです。
それにサッカー選手はサッカー用語くらいは英語でも少しはわかるでしょう。
身振りを交えてでもコミュニケーションをとってほしかったと思います。
チリはその試合に勝ったからともかく、ポルトガルはとても悔しかったと思います。
私もサッカーは色んな試合を見ていますし、ひどい審判も結構見ましたが、
ここまでひどいのは初めてでした。

その後、準決勝でのアルゼンチン戦でも審判に対し不信感があったチリ。
それは勝ったアルゼンチンのサポーターも審判に対してブーイングをするほどでした。
でも、3位になってすっかりそんなことを忘れたようなチリの人たち。
明日は代表チームが帰国します。
またマスコミは大騒ぎなんでしょうね。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-24 03:32 | サッカー
7月19日、カナダにて20歳以下ワールドカップの準決勝が行われました。
アルゼンチンとチリ戦で、チリ人の大多数がテレビの前に釘付けだったと思います。
普段サッカーを見ない人でも、これだけ国が盛り上がってるので
ついつい見てしまったのではないでしょうか?
バチェレ大統領も「帰国したらMoneda(大統領官邸)に招待します」というくらい
本当に盛り上がっていました。
でも、残念ながら負けてしまいました。
審判が公平ではなかったこと、これは勝ったアルゼンチン側も認めるほどです。
徹底的に攻撃されてしまったVidalに試合終了後、
アルゼンチンの監督がチリの監督より先になだめに行っていたのが印象的でした。

審判問題は毎回ワールドカップの時に言われていますし、
この試合以外でもあったので後日書くとして、
ひどい話とは試合後のことです。

試合終了後、バスに乗る選手達の中で一人行動を乱したものがいました。
Alexie Sanchezです。(写真はチリサッカー協会から)
c0103368_3322158.jpg

彼はチリ以外でも注目されている素晴らしい選手です。
応援してくれたファンに挨拶に行こうとしたそうです。
それをやめさせようとしたカナダ警察を振り切って前に進もうとした彼に
警官はなんと殴ったそうです。
それを見た他の選手が中に入って仲裁をしようとしたそうなんですが、
みんな警官に殴る蹴るの暴行を受けたそうです。
それだけではなく、警棒・電気ショック・催涙弾まで選手に対して使用、
あげくの果てには逮捕、身柄の拘束です。(写真はTVNから)
c0103368_336019.jpg

右の方の赤いシャツを着ているのがSanchez。
まるでテロリスト扱いだとニュースキャスターも言っていました。
試合後で体力の消耗している選手に対し、本来なら身を守るためにいた
警官隊がここまでするのはやりすぎです。
何が起きたかわからない選手達、止めに入ったサッカー協会の人達、
そのことを取材中の取材陣、そばにいたファン達にも暴力はふるわれました。
今一番の国民的スター達がカナダで不当な扱いを受け、
ほとんどのチリ人は悲しい思いをしていると思います。
チリ政府もカナダの警察に対してなんらかの動きをとるそうです。
FIFAも「3位決定戦についてはチリ代表の状態を見て行う」と発表したそうです。

Rojitaは試合以外ではとても無邪気で、本当にみんなかわいいです。
そして試合では素晴らしいプレーをしていました。
私もずっとテレビを見ていて、弟達のような、息子達のような気がしていました。
そういう気持ちを持っていたチリ人もたくさんいると思います。
だから今回のことはとっても悲しくて、負けたことよりもショックだし、
気分もブルーなままです。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-21 03:56 | サッカー
7月29日に参議院選挙があります。
それに先立って、海外在住者向けに「在外選挙」が行われています。
在外選挙は在外選挙人登録というのをしていないとできません。
私達夫婦はチリに来て1年と少し経ちますが、
在外選挙は衆議院と参議院選挙しかないので、初選挙です。

日本では投票用紙をもらって政党名、名前を書くだけですが、
在外選挙はもう少しだけ手間がかかります。

まず、「投票用紙請求書」という用紙に名前と選挙人登録番号を記入して、
投票用紙をもらいます。
投票用紙は多分日本で使われてるものを同じだと思うのですが、
それを小さな封筒に入れ、またそれを大きな封筒に入れます。
その少し大きめの封筒にまた登録番号と名前と署名をします。
そして封をして「立会人」にお渡しし、
その封筒に立会人署名をもらいます。
最後に全部を選挙管理委員会への郵送封筒に入れて完了です。
この郵送封筒にも自分で住所などを記入しなければいけません。
私が行ったときには私だけに立会人を含め、3人の係りの人がいて、
ちょっと緊張しました。
投票用紙を記入するところは、日本と同じシルバーの囲いをしてある机。
投票用紙は同じでも、封筒に名前を書いたりするので、
今まで以上に厳かな気持ちになって投票しました。

一つ困ったなーって思ったのは、候補者に対する情報が不十分だということです。
政党に対してはサイトをチェックすれば大丈夫なのですが、
候補者はサイトを持っている方と持っていない方がおられます。
選挙管理委員会のホームページを見ても
「各家庭に選挙公報を配布、それを読んでください」としか書いてません。
特定の支持政党がある人は投票も難しくはないと思いますが、
私のように選挙公報を見て決めている人も多いと思います。
でも、海外にはそれは届きません。
大阪の立候補者はたった9名です。
候補者情報くらい選挙管理委員会のサイトを見たら
よくわかるようにしておいてほしいなと思いました。
[PR]
連休の最終日、サンティアゴはあいにくの雨でした。
土曜は家でごろごろ、日曜はサッカーの20歳以下ワールドカップを見たかったので
月曜にモールへ出かけましたが、

すっごーく混んでました(>_<)

雨なので他に行くとこもない人達が「とりあえずモールでも」という感じで来てたのか、
冬のバーゲンを狙ってきていたのかわかりませんが、
とにかく今まで行った中で一番混んでました。
結局、旦那の服をちょこっと買って、疲れたのでそこでおしまい。
あ、その前にライブのチケットは買いましたが・・・
チケットを売っているところはCDショップなんですが、
昨日は目的がCDではなかったので、見ずに退店。(見ると欲しくなるし)
私のものは何も買わずじまいだったのですが、
「平日の空いてるときに好きなもの買っておいで」って言われました。
というわけで、今日の午後からまたお買い物です(笑)

サッカーの話はいろいろと長くなりそうなので、ワールドカップが終わってから
まとめて書きたいと思います。
次は木曜に準決勝でアルゼンチンと対戦。
頑張れRojita!!
[PR]
13日の金曜日、Axelのコンサートに行ってきました。
彼はアルゼンチンの歌手で、中南米では結構人気があるようです。
ロマンチックな歌にルックスも良いので、チリではアイドル的人気が凄く、
コンサートもAxelと書いた鉢巻をした女の子達がたくさんいました。
さすがにうちの旦那はあまり好きではないみたいなので、
初めて一人で行ってきました。

彼は2月に行われたViña2007というフェスティバルに出ていたんですが、
その時やっていた朝の番組にもゲスト出演していて、
朝早くだったにも関わらず、すごい声量で歌っていたので
「この人の声を生で聞くとすごいだろうなー」と思っていました。
で、その時からコンサート見たいなーと思っていたので、
すごく楽しみにしていました。

Hoyという新しいアルバムのためのコンサートだったので、ほとんどそこからの曲。
途中、Lucho(ルーチョ)こと、Luis Jaraというチリでは超有名な歌手のゲストもあり、
二人で彼の大ヒットソングManañaを熱唱していました。
この曲はうちの旦那が留学していた頃の一番思い入れがある曲なので
私だけが生で聞いてしまって悪いなーとか思ってしまいましたが・・・

Axelの曲は色んなタイプの曲があるんですが、
私はピアノを弾きながら歌うバラードタイプのものが好きです。
一番最初に好きになった曲はQue estas buscando
そして、ついついいつも口ずさんでしまうのはTu amor por siempre
メロディが覚えやすく、みんなで歌えるっていうのが人気がある理由なのかもしれません。

約2時間のコンサートもあっという間で、帰ってからもずーっと頭の中は彼の曲。
夢まで見てしまいました(笑)
いつもはRockのコンサートに行くことが多いのですが、
たまにはこういうのもいいなーって思いました。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-16 01:02 | 音楽
14日から16日にかけて、今月2回目の3連休です。
前回の3連休は遠方に買い物に行きましたが、今回の3連休は全く予定なし。
連休前の今日はサンティアゴはあいにくの雨ですが、
連休中は雨が降らないらしいです。
今日から学校も冬休みで、連休中は家族連れでお出かけする人が多いらしく、
サンティアゴから脱出する車はなんと16万台だそうです。
今朝から結構雨が降ったし、連休中は空気もきれいになりそうです。
それに、みんなお出かけと・い・う・こ・と・は・・・
3連休中はモール空いてる???
また買い物に行くかもしれません(^^;;
なぜならば、旦那にボーナスが出たのです\(^o^)/
うちの旦那は日本人にしては少々(?)でかいので、チリにいる間に
せっせと服やら靴やら買っておかないといけないとのこと。(言い訳?)
ついでに私にも何か買ってくれるみたいなことを言ってたような気もするので、
ちょっと(かなり)期待してます。
[PR]
なぜ胃が痛くなって熱が出たのかわかりませんが、
ネットでこれを見て、急にテンションが高くなった後だったので
これが原因かもしれません。
c0103368_6191526.jpg

Sinergia15周年記念ライブです。
半年ほど前にライブを見て衝撃を受けて以来、
また見たくて見たくてしょうがなかったんです。
しかも今回は記念ライブなので、DVDも出すらしいのです。
ライブのDVD売っていいんですか?やばくないですか?
と思うんですが、出たら速攻買ってしまうでしょう。
残念ながらうちの旦那は別のライブに行きたいらしく、別行動になりそうです。
その人のライブは何回も他とバッティングしていて、今度こそは優先させたいそうです。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-13 06:29 | 音楽