<   2006年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

今日で8月も終わりです。
サンティアゴの8月は昼と夜の温度差が大きくて
「体調に気をつけて」と言われていたのに、
テレビやラジオでも政府広報で「風邪に気をつけましょう」と
いうのが散々流れていたのにも関わらず・・・

風邪をひいてしまいました(;_;)

先週の月曜(21日)から風邪気味で、3日ほど寝ていたら治ったと思ったので
木曜に近所をぶらぶらと2時間ほど散歩しました。
それが良くなかったのか、金曜から悪化してしまって土曜に病院に行きました。
チリに来て初めての病院です。
言葉の怪しい私は旦那についてきてもらい、ちょっと緊張しながら行きました。
最初に受付で名前や住所等を言って、「風邪をひいているので医者にみてもらいたい」と
お願いし、お金を払います。
日本では支払いは最後ですが、ここでは診察前でした。
そして待っているとお医者さんが名前を呼んでくれて診察開始です。
こちらの医者はまず握手をして挨拶をしてくれます。
とても暖かい雰囲気の中、片言の私の話を一生懸命聞いてくれました。
日本から来たというと「僕も日本人の友達いるよ」など、色んな雑談も交えながら
患者の気持ちをリラックスさせてくれます。
日本の病院の場合、医者の前では緊張して話しづらい時もありますが
そういうこともなく、チリ初診察は無事終了しました。
以前、海外旅行中に体調を崩してしまいホテルで往診を受けたことがありますが、
その時の医者もとても明るい人でした。
体調が悪いときは不安になっているので、気分を明るくしてくれるような
対応をしてもらえると精神的にだけでも元気になったような気がしますよね。

そして明日9月1日は私の好きなバンドが3つも出るライブがあるのに
まだ完全に治っていないので残念ながら行けません(>_<)
9月9日に国立競技場であるフェスティバルまでには完治して、楽しみたいと思います。
[PR]
チリで見た日本で有名な人のそっくりさん達です。
よくあることですが、他人の空似は感じ方に個人差があります。
私が勝手に「似てる」と思った人達ですのでご了承ください。

ゴリエちゃん。女優さんなんですが、もう「ゴリエ」としか覚えられません。
c0103368_2512245.jpg


福山雅治。前にも書いたAnimadorのSergio Lagosです。
c0103368_2514418.jpg


今のエリック・カントナ。彼はMarco Antonio Solisという歌手です。
c0103368_252555.jpg


加賀まり子。上の彼のプロモビデオに出演していたので誰かわかりませんが、めちゃくちゃ似てると思ってテレビ画面を撮りました。
c0103368_2522835.jpg


他にも似てる人がいたら第2弾として載せたいと思います。
[PR]
8月12日、Payador(パジャドール)の会に行ってきました。
パジャドールとはギターなどに合わせて即興で詩を作り、歌う人たちのことを言います。
チリではかなり古い歴史があるそうで、音階や詩の韻の踏み方など色々法則があるそうです。
写真は会場の後方から撮ったためフラッシュが届かず画像は暗いですが、ご了承ください。

最初は自己紹介を兼ねて、一人づつ出身地やなんかを織り交ぜた詩を歌っていました。
c0103368_2473837.jpg


Jorge Cespedes。彼はこの会の発起人です。
c0103368_2475977.jpg


彼の楽器は「ギタロン」といって、弦が30本もあり調弦が死ぬほど大変な楽器です。
c0103368_248228.jpg


4人並んでテーマを決めて掛け合いをしています。
c0103368_2484552.jpg


最後の方に乾杯に関する詩を一人づつ披露していきます。
c0103368_2491696.jpg


パジャドールは即興詩人なので、その時のお客さんが出したテーマに沿って詩を作ったり
有名人になりきって詩を作ったり多種多様な披露の仕方があるそうです。
韻を合わせて言葉を選んだり、テーマがどこから出てくるかわからないので
政治・経済・芸能・地域情報などなど様々なことに対して熟知していないとできないそうです。

そして通常は3人から4人でするそうですが、去年より年に1度チリ各地で活動しているパジャドールが集まる会が始まったそうです。
[PR]
by chilemoya | 2006-08-15 02:46 | 音楽
c0103368_2452864.jpg


アルゼンチンのバンドです。
最初ビデオを見た時は「このボーカル、きっしょーい」と思ったんです。
(ファンの人すみません)
が、いつの間にか鼻歌で彼らの曲を歌ってる自分が・・・(;_;)
曲はポップな感じで歌いやすく、声が特徴的で一度聞いたら忘れられません。
そしてとうとう昨日DVDとCDがセットになったライブ盤を買ってしまいました。
彼の個性は映像でないとわかりません。
ビデオに興味を持った方は下のアドレスでプロモが見られます。

http://www.esmirandamiamor.com/

日本で以前流行った「きもかわいい」はまさしく彼に当てはまると思います。
ちなみに私はコミックバンドファンではありません、念のため。
[PR]
by chilemoya | 2006-08-12 02:44 | 音楽
南米でよく飲まれているお茶です。
一人で飲むこともありますが、みんな集まったときには「まわし飲み」をします。

マテ茶。葉の部分だけというのもありますが、このように茎が混ざっている方が長くお茶が出ておいしいと聞きました。
これを直接カップに入れてお湯を注ぎます。
c0103368_2423685.jpg


こういうストローのようなものをカップに入れます。
c0103368_2425810.jpg


先に穴が開いていて、お茶だけが飲めるようになっています。
c0103368_243222.jpg


マテ用のカップ。カップにはいろんな種類がありますが、これはひょうたんから作られたものです。
c0103368_2434525.jpg


マテはみんなで集まったときに雑談をしながら飲むのが一番おいしいのですが、
一応「作法」のようなものがあります。
一番最初はホストとなる人が飲みます。そして、ホストが飲みきるとお湯を入れて次の人にカップを渡します。受け取った人は飲みきってからカップをホストに返します。そしてホストはお湯を入れて次の人に渡します。そうしてカップを順番にまわしていくのです。
そして「もういらない」って思ったときに「Gracias(ありがとう)」というのです。
習慣を知らなかった私は最初受け取ったときにありがとうと言ってしまいました。
その時にこの習慣を教えてもらったのです。今後はきちんと覚えておきます。

そしてマテの入れ方には地方様々あるようです。(お湯を使ったり水のままの所もあるらしいです)
私はお茶をカップに入れて、ポットのお湯(70度くらい)に砂糖を溶かしてから一回で飲む量だけカップに注ぎます。
そして飲みきってからまた注ぎ足して飲んでいます。
人によっては砂糖を入れなかったり、お湯を注ぐときに毎回カップに砂糖を入れたりというのもあります。
最近は日本でもマテが手に入るようですので、興味のある方はお試しを・・・
[PR]
by chilemoya | 2006-08-09 02:41 | 食べ物
先週の土曜、ついにチリ初ライブに行ってきました。
見たのはChancho en Piedraといって、チリではとても人気のあるバンドです。
このバンドは数年前から大好きで、チリに行く機会があれば絶対みたいと思っていました。
いつもはスタジアムクラスの大きな会場でやっているのに、今回は小さなライブハウスでした。
そして念願の初Chancho!!すっごく楽しめました。
Chanchoとはスペイン語で「ぶた」の意味なので、彼らのマスコットはこれ!!
c0103368_2391620.jpg


Juanito(フアニート)くんです。
彼らのライブではファンがこの人形を様々な格好をさせて持ってきます。
それがライブの間中、人の波の上で踊っていてとてもかわいいです。

そしてこれが彼らのビデオでの一こま。左からVo,G,B,Drです。
c0103368_2395874.jpg


ライブは夜中の12時から始まる予定でしたが、南米なので遅れるだろうと思っていました。
なんと1時からセッティング(^^;;ライブが始まったのは2時でした。
ここまで遅れるとは思っていませんでしたが、それまではみんな飲んだり踊っていたりして完全にディスコ状態。
ライブが始まって興奮して一気に酔いが回った人が多かったのか、
ライブが終わる頃には観客が減っていました(^^;;

私はバーのテーブルの上に座って見ていたので(これも日本じゃありえませんね)
すごくステージが良く見えました。
カメラ持っていけばよかったなーって後悔しまくりです。
メンバーは4人でこの日はヘルプがいて、パーカッションとギターが増えて6人でライブをやっていました。
演奏は今まで見たライブの中でも最高の部類に入るくらいうまくて、また見たいって思ったのでした。

そして、今度は9月9日に国立競技場であるフェスティバルに出るので当然行ってきます。
これはチリ大学主催のため、出るバンドは大物ばかりなのに金額が破格です。
なんと一般は3000ペソ(約600円)チリ大学の学生は2000ペソ(約400円)です。
土曜に行ったライブハウスでも1ドリンク付きで5000ペソ(約1000円)と充分安かったんですが。
すっかりライブ熱に火がついてしまったので、また他のバンドも見ようと思っています。
[PR]
by chilemoya | 2006-08-08 02:38 | 音楽
前回テレビドラマの話を書いたので、関連して出演者の話を書きたいと思います。
チリでは日本と違い、ニュースキャスター以外でもテレビ局と契約します。
俳優も連続ドラマなんかはドラマ単位ではなくテレビ局と契約するため、
そのドラマをやっている間は他のテレビ局のドラマには出られません。
日本では9時から8チャンネルに出てた俳優が、同じ日の10時には4チャンネルに出ているということが
よくありますが、チリではありえません。
そうなると同じテレビ局にしか出ない俳優も多いので
「この人はTVNの俳優」とか「彼はMEGAの俳優」という言い方をしたりもします。
(TNVもMEGAもテレビ局名です)

ということは、同じテレビ局で昼のドラマでも夜のドラマでも同じ俳優ばかり出ているのです。
昼のドラマでライバルを演じてる人達が夜のドラマでは恋人同士だったりして
「今喧嘩してるけど、夜になったら仲良くなるくせにー」とか言いながら見ています。
違うドラマなんですが(^^;;

俳優以外にもチリには「Animador(アニマドール)」(女性は「Animadora(アニマドーラ)」と呼ばれる
司会専門の人がいます。
日本ではアナウンサーやタレントが司会をすることが多いですが、
チリではAnimadorが司会をします。
彼らもテレビ局と契約していて、各テレビ局に「看板司会者」がいます。
Canal13のSergio Lagos、TVNのFelipe Camiroagaの二人はとてもかっこよくて
チリではすごく人気があります。
そして私はFelipeのファンなのでした。(これが書きたかっただけかも~)

Sergio Lagos
c0103368_2371975.jpg


Felipe Camiroaga
c0103368_238867.jpg

[PR]
チリではテレビドラマのことを「テレセリエ」といいます。
チリの人はドラマが大好きで、人気のあるドラマが視聴率60%くらいいったりします。
今放送されてるので一番人気があるのが「Complices」という番組で
月曜から金曜の夜8時から9時まで、TVNという局(チリの国営放送)で放送しています。
これがめちゃくちゃおもしろくて、私もすっかりハマってしまい
毎日ほぼ欠かさず見ています。(CDまで買ってしまったし・・・)

チリのドラマは最初に前日のあらすじを15分から20分ほどするので、
前日に見逃しても話がわからないということはありません。
そして、土曜(以前は日曜でしたが)に1週間の総まとめとして
その週に放送された内容を1時間半くらいにまとめて放送します。
なんて親切なんでしょう。
私はまだまだスペイン語の聞き取りが苦手なので、
2回3回と見るとだいぶ内容を聞き取ることができます。
そういった意味でも再放送状態の放送の仕方はありがたいです。

このドラマ、アメリカに住んでいたチリ人の孤児が成長して
大金持ちになってチリに帰ってきます。
そしてそのお金を巡って、偽家族を装った集団が彼から
少しづつお金を巻き上げていくという内容なんですが
偽家族集団が内部分裂したりして、なかなか先の予想がつかないんです。
本当は4月で終了予定だったらしいのですが、
視聴率が高いので9月まで延長になったらしく、
話を無理やり延ばしてるような気もしないではありません。
でも、本当にこのドラマは日本でやっても視聴率取れそうな感じがします。
[PR]