カテゴリ:生活・文化( 206 )

昨日から、サンティアゴで「Hecho en casa fest」というイベントをやっています。
Entelという携帯会社が主催なんですが、5か所くらいで大きい展示物が見られます。
その中で一番の話題は、世界中を周っていて、日本にも行ったことのある「ラバー・ダック」ちゃん。
日本では残念ながら見に行けなかったので、今回は絶対見ようと思って張り切って行ってきました。

場所はQuinta Normal(キンタ・ノルマル)という公園。
結構広い公園で、博物館なんかもあるので、遠足に来ていた生徒も多かったです。

私はバスで行ったんですが、バスを降りるときに一緒に降りた女の子が
「Patooooo!!!!!」って叫んでバスから飛び降りたんですね~。
Patoはアヒルのことで、彼女もアヒルちゃん目当てだったみたいです。
走っていったので、私よりよっぽどテンション高かったです。

こーんな感じで木の間から見えてきて、ワクワク。
c0103368_06095748.jpg
でかいよ~、アヒルちゃん!!!113.png
c0103368_06100969.jpg
よぉく見ると、下の方に小さい鳥がいます。本物のアヒルです(笑)
c0103368_06102086.jpg

サンティアゴでの展示は10月1日の日曜までで、その後はバルパライソ(ちょっと離れた港町)で展示されるそうです。
本物のアヒルが怖がらずに寄っていってるのがかわいかったです。

他の4か所は行かなかったんですが、10月8日までやっています。
一番見たくなかった(蝶が嫌いなので)「でかい蝶がいっぱいとまってる」っていう展示は、
バスから見えてしまいました105.png


[PR]
サンティアゴは独立記念日も終わって、春がやってきました。
そして春と共にやってくるのが・・・

日本でもおなじみのアレルギーです122.png

こちらのアレルギーの主な原因はスギ花粉ではなく、「Platanas Oliental」(和名はスズカケノキ)です。
夏に葉がかなり茂って日陰を作ることから、サンティアゴ市内の道沿いには植えてあることが多いんですが、
今の時期は、これの種子が綿毛を伴って飛びまくるんです。
道の端には落ちた綿毛がいっぱい、車や服についても綿毛なので取れにくい、
当然、風に舞いやすい構造なので、ちょっとした風でも落ちた綿毛が舞い上がってしまいます。

私は昨日あたりから、くしゃみや鼻水に悩まされています。

日本では花粉症ではなかったんですが、この綿毛攻撃は結構強烈なんです。
マスクをすると「怪しい人」と思われて目立ってしまうのでできないし。

せっかく空気が汚い冬が終わって、気持ち良い春が来たのに
ずっと家に籠ってテレビドラマばっかり見てるのでした。

[PR]
先日も書いた通り、9月18日はチリの独立記念日です。
その時期だけに出るフォンダに行ってきました。
今年は夜に行ってみましたが、夜のほうがめちゃくちゃ混んでました。
(以前はイベントが多い昼間に行ってました)
多分、昼間は家族で集まってアサードして、その後お昼寝してから
夜、散歩がてらにフォンダに来てるのでしょう。

最近スマートフォンデビューしたばっかりなので、写真が雑でごめんなさい。
カメラと違ってまだコツがつかめてません。

c0103368_07495845.jpg
こーんな感じで人がいっぱいです。写真のお店でTerremoto(テレモト)という名前のカクテルを買って飲みました。
かなり強いお酒で、一気に飲むとふらふらになるからTerremoto(地震って意味)です。
Terremotoは基本、ビールにアグアルディエンテと呼ばれる蒸留酒とパインシャーベットが入って、グラナデンシロップがかかったものです。相当甘くて口当たりは良いんですが、アグアルディエンテという蒸留酒が度数が高いので要注意な飲み物です。
アルコールは駄目だけど雰囲気を楽しみたい人、子ども向けにノンアルコールのTerremotoもあります。

c0103368_07495024.jpg
これは大人向けの輪投げ。ほとんどお酒ばっかりですね。
c0103368_07494379.jpg
これは子供向けのボール投げ。
こういった夜店的なものや、食べ物の露店・民芸品や洋服などなど、たっくさんの店が出ていました。
音楽を大音量でかけて踊れるスペースなんかがところどころにあるのは、南米ならではですね。
あとは、移動遊園地も来ていたりします。

家族や友達同士でぶらぶらと来るフォンダは独立記念日にはなくてはならないものなんですね。
みんな無邪気に楽しんで、連休明けからはダイエット番組が増えます(笑)


[PR]
なんと、今年の夏から東京に住んでいます。
きっと全く他の土地で生活したことがなくて、いきなり東京だったら
とまどうことも多かったと思いますが、
海外で生活したあとなので、関西との違いを楽しんでいる状況です。

言葉の違いとか、食生活の違いとか・・・

絶対関西弁の抜けない私は、東京の人に
「関西の人だね」とよく言われますが、私としては
東京の下町言葉にちょっと感動してたりします。

特にお正月の料理は地方色が出る時期。
近所のお米屋さんで「のし餅の予約はしなくていいですか?」と聞かれて
初めて、「のし餅」なるものの存在を知ったりとか・・・

あと、やたらと「焼き鳥屋」さんが多いとか・・・
関西のたこ焼き屋さんくらい、焼き鳥屋さんが多いです。

他にも気づいた事があったら、時々つぶやき程度に書いていきたいと思います。
[PR]
タイトルはスペイン語で「メリークリスマス」の意味です。
夏のクリスマスにもすっかり慣れた私ですが、
今日は特に暑いらしいです・・・40度注意報が出てました。
もちろん、イブの夜は熱帯夜。
日本は寒いそうですが、地域によってはホワイトクリスマスになってるのかな?

これは先日パラグアイで買ったナシミエントです。
アルパやギター、ケーナを持ってる人がいるところがパラグアイっぽくて
気に入って買いました。
ほんとは25日の朝に赤ちゃん人形を置くんですが、
かわいいからずっと一緒に飾ってます。
c0103368_22544417.jpg

そしていつものスコットクリスマスツリー。
c0103368_22553687.jpg

そんなに派手に飾り付けはしていませんが、ちょっとだけでも
クリスマス気分になりますね。
ウルグアイは宗教色が薄い国なので、クリスマスもあんまり盛り上がりません。
イルミネーションも今年初めてやるらしいんですが、
見に行くにはバスで行かないといけないのに、バスの終了時間が20時。
そして日の入りが21時過ぎ・・・当然見に行けません。

今日は朝まで花火(爆竹含む)で盛り上がることでしょう。
なんか、ちょっと腑に落ちないウルグアイのクリスマスです。
[PR]
先月、antelで新しくインターネット契約をしたんですが、
なーんと新規の契約者にはタブレットが無料でついてくるキャンペーン中でした。
c0103368_4193054.jpg

スマホも持っていない私たちにいきなりタブレット。
良いおもちゃができました(^^)
普段はパソコンで充分ですが、旅行のときとか便利そうです。
使い方、覚えなきゃ~。

antelはトラブルが多かったけど、今回のプレゼントでちょっと見直しました(^^)
[PR]
ウルグアイではマテ茶がよく飲まれているのは、前にも書いたと思いますが、
その時に欠かせないのはTermo(テルモ)と言われているポット。
保温性に優れたものが良いのですが、これが当たりはずれが多いんです。

最初に買ったものはフタがすぐに壊れてちゃんと閉まらなくなり、
次に使ってたものは使用して2日目からもう中がさびてきてしまいました。
(ちなみに2個目のはもらいもの)

で、どうせだったらちゃんとしたものを買おうということで購入したのが
チリのアウトドアメーカー、Doiteのポット。
保温性もばっちりで、カバーまでついてるのでこれでOKと思って購入しました。
が、店で見せてもらったのは展示品で、持って帰ったのは在庫の箱入りのもの。
中身をちゃんと確認しなかったんですが、帰ってから中を見るとこんな感じ。
c0103368_6572511.jpg

Doiteさん、カバーのロゴが逆なんですけど!!!
交換に行こうかとも思ったんですが、これはこれでレア物かな~と思い、
そのまま使うことにしました。
[PR]
我が家のネット問題、やっと解決しました。

一番の問題は大家さんの妹・・・

元々、大家さんは国外在住でウルグアイにはいません。

で、契約は不動産屋さんに頼んであるんですが、

管理人として妹が色々やってるらしいんです。

この妹がクセモノで・・・

私たちがマンションの下見にきたときには、ネットの契約もしてあったし、

もちろんターミナルもあって、ネットの環境は整っていました。

契約書にもネット接続用のパスワードまで書いてあったし・・・

で、実際に契約してからマンションに来ると、ターミナルがない!!!

妹が勝手に持っていったそうな・・・

その妹、旅行に行ってしまって連絡がつかず、契約自体がどうなってるかわからないので

ずーっとやきもきしていたらば、ネット契約を知らない間に解約してたんですよ!!!

入居する前にちゃんと教えてくれてればこんなに時間がかからなくて済んだのに~。

で、先週の土曜に旦那が契約に行ってくれて、

めでたく、昨日工事が終了したのでした。

やっと動画も見れるし、ブログも再開できます。

というわけで、うちからの景色。

夜明けのお月様です。
c0103368_5171883.jpg

[PR]
水漏れや悪臭、騒音などなど何かとトラブルが絶えなかった
欠陥マンションとさよならして
もっと静かな、少しだけ古めのマンションに引っ越しました。
古めといってもしっかりした造りと、設備は新しくしてくれてたので快適です。
ウルグアイでありがちな「温水タンク」(電気で沸かしてお湯をためておくもの。
結構お湯切れが起こるので、2人連続でシャワーなんてできません)
ではなく、日本でもお馴染みのガス湯沸かし器なんです。
バスタブもあるし(新しいマンションにはついてないとこが多い)
これからの季節は寒いので、お風呂に入れます。

ただ、インターネットの環境だけはまだ整っていなくて、
(っていうか、大家が勝手にネット用ターミナルを持ち出したので使えない)
なので、今は超遅いプリペイドのUSBタイプのものを買ってきてネットしてます。
ダイヤルアップよりも遅いので、なかなかここにログインできなくて
今日、やっとログインできました。

ネット環境が整ったら、今のマンションからの素敵な眺めをアップしますので
しばしお待ちを・・・・・
[PR]
うちのマンションはもともと大家さんが住んでいたんですが、
別のところに住むことになったため、売らずに貸しているというのを借りてるんですが、
そのため、電話やインターネット、ケーブルテレビも全部大家さん名義になってます。

先週、インターネットのトラブルが発生しました。
2月から光ファイバーになってさくさくつながるようになって、
喜んでいたところだったのですが、1か月もたたないうちにトラブルって・・・

ネットがつながらないと困るので、早速契約してるantelという会社に電話。
名前は大家さんの名前なのに外国人がかけてるので、
まずそこから説明することに・・・
で、故障内容を伝えて「早く直しにきてください」といったのに
「今は忙しいので、今日はいけないかもしれません」と言われました。
でも、とにかく急いでくれとだけ伝えました。

結局、その日は直しにきてもらえなくて、次の日の朝一番に電話があって
「故障したのを直しに行きます。今日の午前中に行きます」と言われたので
安心していました。

でも、お昼になっても誰も来ず・・・
2時くらいまで待ってまた電話すると、ちゃんと前日の話も今朝の話も伝わってない・・・
1からまた大家さんの名前と私が借りてること、ネットが使えないことを説明して
「困ってるので早く来てください」というと1時間後に技術者から電話があって
「今日は混んでいていけないから、明日に行きます」

といったやり取りが3日間続きました・・・
さすがに3日目には腹がたつので2時間おきに電話しましたが
電話のたびに1から説明・・・ちゃんとこっちのいうことも登録できてないのか?
と腹がたって文句もいっぱい言いたいところだったんですが、
元々電話が苦手なんで、「ずっと待ってるし、ネットが使えないと困るって何度も伝えてるのに」
と怒り気味に言うのが精いっぱいでした・・・

で、金曜の夜に技術担当の人から電話があって
「明日か明後日には行きます」と言われたので
「明後日は日曜だし、土曜に絶対来てください。」といったら
「9時半には行きます」との返事・・・

そう、9時半には来ませんでした。
ここの一番の問題は技術担当部署に直接電話をかけることができないこと。
絶対に番号を教えてくれません。
いちいちサービスセンターにかけないといけないんです。
で、サービスセンターに「今日技術者が来ることになってますが、確認してください」というと
今度はちゃんと「予定が入ってる」と言われました。

で、結局来たのは11時ころ。何をやってたのかはわかりませんが、
指示書には「土曜、9時」の文字が書かれてました。
まー、遅れてでも来たから良かったと思って、直してもらった後に
「どこが悪かったんですか?」と聞くと
「部品が不良だったようです。」とのこと。とにかくネットがつながってよかった。
と思ったのもつかの間、技術担当が帰った5分後にまたエラー。

またサービスセンターに電話するはめに・・・
もうすでに半泣き状態でした。
で、電話しても何の音沙汰もなくて2時間後にもう一度電話。
それでもなかなか連絡がなかったので、もう1度かけようと思ってたときに
午前中とは違う、すごくしっかりした技術者が3人来てくれました。
いわく・・・
「ファイバーのケーブルが切れてしまってました。」

というわけで、今度こそちゃんと直してもらって今に至ります。

antelは本当に評判の悪い会社だそうで、噂には聞いていましたが、
今回の件で納得しました。
でも、自分の意思で変えるわけにもいかないのが辛いとこですね。
そういえば、請求書も25日くらいに届くんですが、
支払い期限は27日なんです。週末がひっかかると次の日までとか・・・
ひどい会社ですわ。
[PR]