カテゴリ:食べ物( 43 )

先週、うちのマンションの向かいに新しくCafeができました。
お昼のメニューもやっているとのことで、早速行ってきました。
「お持ち帰り」にしたのですが、なんかおもしろいので写真を撮ってみました。
c0103368_657110.jpg

思わず、
「ホカ弁やん!!」
と一人で突っ込んでしまいました(^^;;
ごはんの上に乗っているのは魚のフライで、左はサラダ。
日本と違うのはパンとペブレ(こっちでパンにつけて食べるちょっと辛めのもの)
がついてるとこくらいです。
思わずお箸で食べてしまいました。
ごはんは日本のおコメと違うのでちょっとぱらぱらしてますが、
少し味がついていて、結構おいしかったです。
お店の大きさもホカ弁みたいな感じでした。

お・ま・け

最近のうちわさぼてんくんです。以前の写真はこちら
c0103368_71288.jpg

すごく大きくなってきたので、もう少しあったかくなったら植え替えをするつもりです。
サボテンってこんなに早くグングン大きくなるんですね。
すっかりサボテン好きになってしまいました。
[PR]
by chilemoya | 2007-08-22 07:06 | 食べ物
昨日書いたリグアはニット製品とともにお菓子も有名だそうです。
バスターミナルに着いたらたくさんお菓子を入れた大きなかごを持った
おじさんやおばさんが声をかけてきます。
私がおみやげとして買って帰ったのがこれ
c0103368_2454860.jpg

他にもコルネみたいなものやマドレーヌもあったんですが、
シンプルでおいしそうに見えたのを買ってきました。
4つで500ペソ(約100円)。

そしてこれはだいぶ前に買ったときに写真を撮ったんですが、
載せるのを忘れてました。
すっごく大きな牡蠣です。左上の一番大きなもので殻が18センチくらいありました。
c0103368_2485562.jpg

さすがに生で食べるのは怖かったので雑炊にして食べましたが、おいしかったです。
これだけで834ペソ(約170円)。信じられない安さです。

最後にこれはオリーブ。
チリ産のオリーブは実が大きくてぷりぷりしていてとってもおいしいです。
スーパーで買っても結構おいしいですが、これはフェリア(青空市場)で買ったもの。
スーパーのとは比べものにならないくらい大きいです。
c0103368_253860.jpg

実際に手で持ってみるとこんな感じ。
c0103368_2533466.jpg

つやつやしてておいしそうでしょ?
チリではおやつ代わりやお酒のおつまみに食べたりしてます。
[PR]
by chilemoya | 2007-07-03 02:56 | 食べ物
カスエラとはチリの家庭料理の代表的なものです。
アベとは鳥のことで、昨日初めて鳥肉のカスエラを作ってみました。
スープやコンソメで有名なマギーが「カスエラの素」を出しているので
それを使うとすごく簡単にできました。
なんで今まで作らなかったのか自分でも不思議です。
c0103368_558816.jpg

こんな感じでスープの中にチキンとじゃがいも、かぼちゃなんかが入ってます。
普通はここにとうもろこしが入るんですが、いいとうもろこしが売っていなかったので
にんじんを入れてみましたが、これでもなかなかおいしかったです。

カスエラはスープとメインが一緒になったような料理で、
先にスープを飲んでからチキンを食べます。
(そうじゃないとスープがはねて大変なことに・・・)
他に牛肉を使うのもあります。
マギーのカスエラの素にはおコメが入っていたんですが、
友達の家のお母さんが作るときはパスタを入れたり、
家庭によって色々あるみたいです。
朝晩の気温がかなり下がってきたサンティアゴでは
あったかいカスエラがとってもおいしいです。
[PR]
by chilemoya | 2007-05-18 06:03 | 食べ物
先日、テレビ番組の料理コーナーを見ていて
初めて「これなら作れる」と思った料理がありました。
それがCaldillo de Congrio(カルディージョ・デ・コングリオ)というチリ料理です。
初めて食べたのが2月の旅行の時で、すっごくおいしかったので作ってみたかったんですが、作り方がわからなかったので、たまたま見たのはラッキーでした。

で、昨日チャレンジしてみました。
写真はテレビ番組のものです。自分のは撮るの忘れました。
c0103368_6224638.jpg

コングリオとは白身の魚で巨大あなごといわれています。
それをたまねぎ・じゃがいも・にんじん・ピーマンなんかと煮込むんですが、
このテレビで紹介していたのは白ワインと牛乳だけで煮込むというものでした。
(調味料はいろいろ入れますが・・・)
ちゃんとできるのかなーって不安でしたが、できてみるとめちゃくちゃおいしくて
自分でも満点の出来だと思いました。
チリ料理好きな旦那も「すごいやん」って言って満足だったようです。
今まではチリ料理も友達に教えてもらったものしかできませんでしたが、
テレビを見て作り方がわかるようになるとちょっとレパートリーが増えるかも。
[PR]
by chilemoya | 2007-04-11 06:32 | 食べ物
今回の旅行では初めて食べたものというのが結構ありました。
ミルカオ、チュポン、貝のスープ、クラント、赤い梨(りんごとの掛け合わせみたいな味でした)というのもありましたが、一番おいしかったのがCrud(クルド)という料理でした。
残念ながらこれは写真がありません。
これはバルディビアですごく有名なCafe Haussmann(ハウスマン)というドイツ系のカフェがあって、そこの名物料理だそうです。
少し小さめのトーストにハンバーグの生の状態が乗っていて、
それにタルタルソースに似た白いソースとレモンをたっぷりかけて食べます。
めっちゃくちゃおいしくて、それだけを食べにバルディビアに戻りたいなーと話していたくらい。

バルディビアからプエルト・モンに戻る途中の道でハウスマンのでっかい看板を発見して、
「もしかして支店があるかも?」と思っていたらありました~!!!
そこで食べたのがクルドの下に書いてあったTartaro(タルタロ)という料理。
きっとクルドのいっぱい乗ったお皿が出てくると思っていたら大間違い。
出てきたのはこれでした。
c0103368_8305760.jpg

これを見て私たち二人がつぶやいた言葉・・・
「ユッケやん!」
うちの旦那をよく知ってる人はご存知だと思いますが、彼が(多分)世界で一番好きな料理が「ユッケ」なんですねー。
中身は違いますが、ほとんど見た目は同じです。
ちなみに手前の白いのはたまねぎで、緑のがピクルスです。
これをかき混ぜて、奥にあるようなパンに乗せて食べました。

そして、昨日バスに乗っているとうちから2Kmくらい離れたところにドイツ料理のレストランがあって「クルド」の看板が・・・
ドイツの名物料理なのかな?
近所でも食べることができるのがわかったので、今度行ってみたいと思います。
[PR]
by chilemoya | 2007-03-18 08:42 | 食べ物
チリでは食べ物が豊富で、日本で食べていたような物も結構あります。
が、どうしてもこっちにないもので時々食べたくなるもの・・・

その1・・・納豆。関西人は納豆が嫌いだという説があったりしますが、そうでもないと思います。
日本にいるときは毎日食べていました。

その2・・・梅干。これも時々むしょうに食べたくなります。

その3・・・明太子。これは日本でも毎日食べるというわけにはいかなかったんですが、大好きでよく食べてました。

その4・・・カップヌードルのカレー。インスタントラーメンの類では一番好きです。
カレーライスとはちょっと違ったカレーですよね。

逆に今、毎日食べているものが日本に帰ると恋しくなりそうなもの。

その1・・・アボカド。チリではパルタといいますが、つぶしてペースト状にしてパンに塗って食べてます。日本で売っているのは固いんですが、こっちのは柔らかくてすごくおいしいです。

その2・・・パン。チリのパンは小麦粉の味が濃くて、焼きたては香ばしくておいしいです。
チリは意外だったんですが、世界で3位に入るくらいパンをよく食べる国なんですねー。

そして一番恋しくなると思うのが以前も紹介したマンハールです。
マンハール工場の見学に行きたいくらい好きになってしまいました。

くだらない話でした(^^;;
[PR]
by chilemoya | 2007-02-06 03:13 | 食べ物
先週は少し暑さもやわらいでいましたが、昨日からまた30度を超えてます。
で、この前購入したとうがらしが暑さに負けずにきれいに色づいてくれたので、初収穫しました。
c0103368_4344132.jpg

一見プチトマトみたいでしょう。
大きさがわかるように横にマッチ棒を置いて写しました。
とってもかわいくて食べるのがもったいないと思いつつ、
この後パスタ用のトマトソースの中にきざんで入れました。
これは鑑賞用なので辛さはあまりありませんでしたが、
ちょっとうれしくて味わって食べました。
まだ他の実も色づき始めているので、楽しみです。
[PR]
by chilemoya | 2007-02-01 04:38 | 食べ物
1月6日の土曜、昼間にホームセンターへ買い物に行き疲れてしまったので、外食することにしました。
以前からちょっと気になっていた近所の「アラブ料理」のレストランへ行くことに。
まだ時間が早かったせいか他にお客さんはいませんでした。
夫婦揃ってアラブ料理が初めてだったので、店の人のお勧めを頼むことにしました。
「野菜の盛り合わせ」だったのですが、色んな野菜の中に米とひき肉などがつめてある料理でとてもおいしかったです。
キャベツや何かの葉に包まれた(見た目ちまきみたい)ものや、パプリカ・ナス・きゅうり・じゃがいもなどの中に詰めてあるものもありました。
が、一番インパクトがあったのは青唐辛子!!!
約15センチくらいの長さの青唐辛子の中にひき肉ごはんが詰めてあるんですが、めちゃくちゃ辛~い!!!
結構辛いものが好きな私ですが、今まで食べたものの中で一番辛かったです。
(旦那はもっと辛いものを食べたことがあるそうですが)
でも、不思議なもので少し口の中が治まるとまた食べたくなるんですねー。
辛いものって結構中毒性があるのかもしれません。

他にもミートボールを食べましたが、なかなかおいしかったです。
最後にアラブ風デザートを食べましたが、くるみのパイなのにひき肉に見えて仕方なかったです。
かなり甘くてボリュームがありました。
最後のコーヒーまで入れて10300ペソ(約2060円)はかなりお得でした。

1時間半ほどゆっくり食事をしている間にかなりの人が「お持ち帰り」をしていったので、流行っているお店のようです。
また新しいレストランを開拓していきたいなーと思います。
[PR]
by chilemoya | 2007-01-08 11:30 | 食べ物
チリでは日本食ブームのようで、サンティアゴではあちこちにスシ・バーがオープンしています。
そんな中、うちの近所にもオープンしたので行ってきました。
日本人から見ると海外のお店は少し違った感じです。

まず、醤油は少し薄めてあります。わさびは粉わさびで酢飯はちょっと酢が控えめです。
でも、ながーい海岸線を持つチリなので魚は新鮮でおいしいです。
特にサーモンのアボカド巻きなんてすごーくおいしくて、クセになってしまいます。
意外とうなぎやしまあじを酢でしめたものなんかも「日本人が作ったの?」と思えるくらいです。

そして必ずあるのが「ぎょうざ」なんですねー。ぎょうざはチリでは日本料理として扱われています。
近所の店だけでなくテレビでやっていたスシ・バーでもぎょうざを置いていたので、定番メニューなんでしょう。
もう一つ意外でおいしいものが「焼き鳥」です。試しに注文してみたら「鳥ですか?豚ですか?」と聞かれたので「変なのが出てくるかな?」って思ったんですが、ちゃんとタレのついた焼き鳥でした。

チリに来る前は「もうしばらくお寿司を食べられないだろうから」と覚悟していたんですが、おいしいお店を発見してしまうと通ってしまうんですね・・・
先日、10%割引をしてもらえる会員カードまでもらってしまいました(^^;
[PR]
by chilemoya | 2006-12-08 09:34 | 食べ物
日本で「チリ名物」と聞くとワインやサーモンが有名ですが、
サンティアゴでは私が思っていたほどサーモンを食べていません。
こちらに来て知ったのがこの「マンハール」です。
南米の他の国のことはわかりませんが、チリ政府のサイトにもマンハールの作り方が載っているくらいなので、チリ名物と言ってもいいような気がします。

このマンハールはキャラメルクリームといった感じの味なのですが
とってもとってもおいしいんです。
ケーキやお菓子に使われてるのは当たり前なくらいチリではよく食べます。

この写真のはパンにつけるタイプなので、少し甘さが控えめな気がします。
c0103368_2565083.jpg


COLUNというメーカーの物が気に入ってます。
c0103368_2572286.jpg


私は元々甘いものはあまり食べなかったんですが、マンハールにはやられました。
お菓子もマンハール入りを選んで買うようになり、すっかりマンハール中毒です。
[PR]
by chilemoya | 2006-09-07 02:56 | 食べ物