カテゴリ:旅行( 118 )

初日は着いたのが夕方だったし、お天気も不安定だったため、
ホテルのレストランで食事をしただけで、あとはのんびりしてました。

二日目。
とても良いお天気で、この日からサンパウロ観光開始。
で、一番最初に行くのは当然ツーリストインフォなんですが、年末で閉まってた・・・
空港のも閉まってたので、ネットだけが頼り・・・

サッカー博物館が木曜から日曜は入場無料ということなので、
まずはそこに行くことに・・・
ネットと地図を頼りに最寄の地下鉄の駅から歩くこと約20分。
幸い下り坂だったのですが、帰りは絶対戻れないくらいの急な坂。

無事に着いたのはこのスタジアムです。
c0103368_226950.jpg

スタジアムの中はこんな様子。
c0103368_2265042.jpg

残念ながら、サッカー博物館内は写真撮影が禁止だったので、
撮ってませんが、最近できた施設っぽく、大画面で過去の映像や
ブラジルのスター選手の写真、各チームのフラッグ、歴代W杯の名場面など
とーっても見どころのある博物館でした。
途中、ちょっとしたゲームなんかも置いてあったりして、
子供が遊べるようになってましたが、最後はPKゲームがあって、大人も挑戦してました。
結構並んでたので、見てるだけでも楽しかったんですけどね。

その後、とてもあの坂を上る元気はないと、旦那と意見が一致したので
タクシーにてリベルダージへ。
リベルダージとは日本人街(今は東洋人街って言ったほうがいいかも)です。
c0103368_2423187.jpg

歩道は太鼓の柄。
c0103368_2431234.jpg

日曜は広場に屋台が出て、にぎやかだというので行ったんですが、
にぎやかどころか、すごい人で歩くのも大変なくらいでした。
(上の写真2枚は広場から離れた、人の少ないとこで撮りましたが、
大体こんなちょうちんや歩道の柄がずーっと続いてます)
そこで、先に日本移民史料館に行きました。
c0103368_2305458.jpg

ここも中は撮影禁止だったんですが、100年以上の移民の歴史が
7~9階に分けて展示されていました。
2か月ほどかけて地球の反対側に来てみたのに、最初は奴隷扱いされてたこと、
それでも真面目に働いて、少しずつ日本人が農場を持って発展していったこと、
第2次世界大戦後、日本人同士の悲しい敵対心。
ブラジルが取った政策のために差別がひどくなったことなどなど、
発展と悲しい歴史がたくさん詰まった資料館でした。

で、気が付くと3時半くらいになっていてレストランなどは閉まってるとこが多く、
悩んだあげくに入ったのは、「えびす屋」というチェーン店っぽい定食屋さん。
私が食べたのがカレーライスです。
c0103368_2405499.jpg

そして旦那はおろしとんかつ定食。
c0103368_2413914.jpg

それから二人でから揚げを分けて食べました。
c0103368_242923.jpg

付け合せの野菜、かかってるドレッシングまで日本と同じ~。
最後にポイントカードまでもらっちゃってました。

食事後は少しだけ人が減ってたので(それでもいっぱいだったけど)
食材店をのぞいたりして、麦茶とかインスタントみそ汁とか鰹節とか買って帰りました。
年末だったせいか、お正月用の買い物をしてる人が多かったのかな?
鏡餅なんかも売ってました。ほんと、日本そのものでおもしろかったです。
[PR]
by chilemoya | 2014-01-11 02:51 | 旅行
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

無事、何事もなくブラジルよりウルグアイに帰ってきました。

今回の旅行先はサンパウロ。ブラジルの首都のブラジリアより首都っぽい大都市です。

旅行前からずーっとチェックしていた天気予報では、

旅行中ずーっと「雷雨」になっていたので、「何もできないなー」と思ってたんですが、

着いたときに信じられないくらい土砂降りが一度あっただけで、

あとはずーっと良いお天気でした。

そして、サンパウロで一番びっくりしたのは坂が多いこと。

尋常じゃないくらい坂だらけでした。しかも結構急な坂・・・

歩いて観光するのは無理な都市です。

幸い、地下鉄が発達してるので、あとはバスさえきちんと把握できれば・・・

また、写真とかいっぱいアップしていきますね(^^)
c0103368_23361897.jpg

(これはホテルの屋上からの風景。ビルばっかでしたけど、屋上にプールがあったので
2回ほど入ることができました。やっぱりプールがあるのはいいですねー)
[PR]
by chilemoya | 2014-01-07 23:38 | 旅行
アレグアという街を出て、次に向かったのはカアクペという街。
小さな街なんですが、ここには「奇跡のマリア様」の像があることで有名だそうです。
11月下旬から12月にかけて、巡礼者が世界中から訪れるそう。
日曜だったため、教会ではミサが行われていたんですが、
すごーくたくさんの人が来られてたので、マリア様には近づけませんでした。
これがカアクペの教会。
c0103368_7295819.jpg

この教会は新しく建て直されたらしいんですが、
その時には当時のローマ法王も来られたそうで、この奇跡のマリア様は
バチカンも認めてるということなんでしょうね。

その後に行ったのは、イパカライ湖。
とても有名な湖だそうなんですが、今は近くの工場の排水で汚染されてて
水はこんな色。でも、昔はとってもきれいな湖だったそうです。
c0103368_7322451.jpg

有名な避暑地でもあったそうで、お屋敷といってもいいような別荘がたくさんあったり、
これはお城のようなホテルかな?
c0103368_7331763.jpg

今はさびれてしまってます。残念。

その後に向かったのは、イタグアという街。
ここはパラグアイの一番有名な手工芸「ニャンドゥティ」の街です。
ニャンドゥティとは刺繍糸のような細い糸で編んだもの。
蜘蛛の巣みたいな模様が特徴です。
c0103368_7355822.jpg

首都のアスンシオンでも売っているんですが、
イタグアまで行くともっとレベルが高くて、安いのがたくさん売ってるとのことです。
でも、やっぱり日曜だったので、お土産物屋さんはあんまり開いてなくて残念でした。

色んなとこに周ったあと、ようやくアスンシオンに戻ってきて
昼食後にホテルに戻ると、荷物が無事に届いてました。
が、一つだけ・・・
前日にもらった電話番号は受付時間をとーっくに過ぎていたため、
もう一つの荷物がどうなったかを調べるのに、ネットで時間を費やしてるときに
残りの一つも無事到着・・・なんと別の飛行機で来たらしい・・・
荷物を持ってきてくれたおじさんはすごく誤ってましたが、
元々別の飛行機に積んでしまったモンテビデオの空港の係員が悪いのです。
というわけで、どちらの荷物も無事に着いたので、
残りの時間はショッピングに費やしました。

その日の夕食は泊まっていたホテルのレストランで食べたんですが、
この日もスルビを食べることに・・・
前菜に頼んだスルビの燻製は絶品でした。
ここにしかなかったみたいです。
メインもスルビを食べて、大満足の夕食でした。
[PR]
by chilemoya | 2013-11-13 07:45 | 旅行
旅行2日目。
着いた日はあいにく雨だったんですが、2日目は朝からとてもいいお天気。
2日目は首都のアスンシオン近郊の街を周るツアーを申し込んでおいたので、
朝9時から出発しました。

一番最初はルケという街。
小さな街なんですが、ギターやアルパ(ハープ)の工房があったり、
銀細工で有名なところだそうです。
その街に向かう途中に、コンメボルという、中南米サッカー協会の本部の前を通りました。
c0103368_4351759.jpg

右奥にあるのは関係者用のホテル。
左の建物はMuseo(博物館)と書いてありますが、一般には公開されてないそう。
見ることができなくて、ちょっと残念でした。

これはルケの街の広場の入り口。ギターとハープが街を象徴してます。
c0103368_4372476.jpg

残念ながら日曜だったので、ギターの工房は全部お休み。
銀細工のお店が少し開いてたので、そこで少しお買いもの。
この写真はネットから拝借したんですが、ルケの銀細工はこんなに繊細なんです。
c0103368_4401766.jpg

職人技って感じでしょ?とってもきれいでした。

次に向かったのはアレグアという街。
ここは陶器の街で、日曜だというのにすっごくにぎわっていたのは
観光客向けというより、パラグアイ人がお休みのときに買いに来るからだそう。
ここはハロウィンとクリスマスが混ざってます。
c0103368_4421728.jpg

野菜や果物もみーんな陶器。ちょっと欲しかったかも。
c0103368_4425958.jpg

クリスマスには庭にこれを飾るんだそうです。
大きなものなので、週末に車で買いに来るんですね。
c0103368_4435229.jpg

この街はイチゴの産地としても有名だそうで、
毎年春にあるイチゴ祭はすごーい人気だそうです。
そして道路際にはたくさんのイチゴ売りの人がいて、かごを振って客寄せをしてたんですが、
やっぱり人気はミニスカートの若いお姉ちゃんでした。(^^;;
私たちは滞在が短いので、イチゴは買わずにジュースだけ飲みましたが、
あんなにおいしいイチゴジュースを飲んだのは生まれて初めてでした。
あのジュースだけのためにもう一回パラグアイに行ってもいいくらい。
他の果物もおいしかったんですけどね。
でも、いつかイチゴ祭に行ってみたいなー。
[PR]
by chilemoya | 2013-11-08 04:51 | 旅行
航空会社の不手際はほんとに腹が立ちましたが、
それはぜーんぶウルグアイ側でのことなので、
気を取り直して、パラグアイでの旅行を楽しむことにしました。

その前に・・・同じ飛行機になーんとこんな人がいたんです!!!
c0103368_1185594.jpg

ルゴ氏。パラグアイの元大統領です。
残念ながらクーデターもどきで大統領の職を追われた人です。
でも、元司祭だけあって、人当りがすごく良い感じ。
にこにこして、その場にいた人たちと一緒に写真を撮ってくれたり、
会話したりしてました。
うちの旦那ももちろん一緒に写真を撮ってもらい、少しだけ話をしたらしいんですが、
少しでも話をした人には全員に名前を聞いて、名前で話しかけてたそうです。
大統領をクビになったとはいえ、国民からはまだまだ人気がある人なので
居合わせた人たちはみんなうれしそうでした。

そして、パラグアイに無事入国。
とりあえずホテルに行ってから、昼食をとり、その後買い物に・・・
ホテルから歩いていける距離にあるお店を巡って
必要なものを買いに行ってから、タクシーでアスンシオンで一番大きいと言われてる
ショッピングモールに行ってきました。
そこでスーパーに行くことに。
当たり前ですが、スーパーに行くとその国でよく食べられてるものとか、
飲み物とかがわかるので、旅行中は必ずスーパーに行きます。
ウルグアイの人は「食」に対して興味がほとんどないので、
スーパーで売ってるものなんかも種類がとっても少ないんですが、
パラグアイはすっごく色んなものが売っていました。
ジュースの種類も多いし、お菓子の種類もはるかに多い・・・
そんなわけで、ちょっとはしゃいでしまいました。

1日目はそんなこんなで時間がなかったので、買い物だけで終了。
夜はホテルの近くのペルー料理のレストランにいきました。
パラグアイは内陸なんですが、大きな川が流れてるので
スルビというナマズが有名だそうで、今回の旅行は
「スルビ三昧」というのも目的の一つでした。
ペルー料理といえば、代表的な料理の一つがセビッチェ。
これはスルビを含めた、色んなお魚のミックスタイプ。
めちゃくちゃ量が多かった。
c0103368_1395752.jpg

ちょっと写真はボケてしまいましたが・・・
とってもおいしかったんですが、ミックスにしてしまったため、
どれがスルビかわからないという悲しい事態に・・・
あとは、ヒラメの料理とエビ料理を食べて、前菜っぽいのばっかりで終了。
全部量が多かったので、それで充分でした。
ウルグアイにいたらなかなかできないシーフード三昧で大満足の夕食でした。
[PR]
by chilemoya | 2013-11-07 01:44 | 旅行
11月2日から4日にかけて、パラグアイに行ってきました。
パラグアイはまだ行ったことのない国なので、
少し知るには2泊3日くらいで良いかなーと思ったので。

ちょっとだけパラグアイのお話・・・
パラグアイは南米の中でもまだまだ発展途上の国です。
政情は安定しないし、治安も悪い方です。
が、人々は活気にあふれていて、とっても真面目で働き者です。
緑がとってもきれいで、いたるところに花が咲いていて
素晴らしい工芸品もたくさん作っている国です。
そういうところに行ってきました。

で、まず出発でつまづきました。
パラグアイの首都、アスンシオンにはBQBという航空会社が直行便を飛ばしているので
それで行ったんですが、このBQBという会社は以前ブエノスアイレスに行くときに使った
ブケブスと同じ会社なんです。(そのときの記事はこちら
アスンシオン行なのに表示はサルト(ウルグアイの北部の街)になっていて
私たちの頭は混乱。ほんとにアスンシオンに行くのか不安になったけど、
前に並んでた人たちはみーんなパラグアイ人で、「大丈夫、アスンシオンに行くよ」と言ってくれたので
ちょっと一安心。
そしてサルトを経由してアスンシオンに行くということが判明したあと、
サルト行きの乗客が少ないので、アスンシオン直行に変更。
最初の方で並んでた人たちは全員サルト経由で発券。
最後の8人くらい(私たち含む)はアスンシオン行で発券してくれました。
これが、最初の混乱のもと。
発券が変わったので、サルト経由で発券された人たちの座席表示が無効になり、
客室乗務員が適当に席を決めて座らせることに。
それでも私たちのチケットは後で発券されたため、そのチケット通りの席に座ることができたので
まだよかったんですが・・・

そして無事にアスンシオンに着き、荷物を受け取るところに行くと人だかりが・・・
並んでた人に聞いてみると、
「飛行機が重量超過で、スーツケースとかモンテビデオに置いてきちゃったらしくて、
持ってきた荷物は8個だけなんだってー。私のは着いたけど、旦那のが着かなくて並んでる。」

荷物置いてくるってあり得ないでしょ???

初のロストバゲージがこれかーって思ったんですが、
別に行方不明になったわけじゃなく、積まなかっただけ。
「明日には届けるから心配するな」って言われても、
旅行で必要なもの一式を全部預けてるため、ぜーんぶアスンシオンで買うことに・・・
そんなこんなで初日は時間が丸つぶれ・・・

BQBは二度と使いません!!!
c0103368_155698.jpg

[PR]
by chilemoya | 2013-11-06 01:59 | 旅行
食料品以外に買った物。
今回はなーんとCDは1枚も買いませんでした。
最近、ダウンロードが主体になっているため、CDショップがかなり減っているのと、
欲しかったCDを売っているお店を探せなかったためなんです。
その代り、ずーっと探してたDVDを見つけました。
ドーソン島の悲劇(Isla Dawson 10)です。
c0103368_671721.jpg

軍事政権時代の強制収容所のお話なのですが、まだ見ていません。
気力体力が充実してるときでないと、この手のくらーい映画は結構つらいので。

で、他にも買ったもの。
すっごく欲しかったチリ代表ウェア。もっちろん14番、Mati Golです。
c0103368_692233.jpg

名前を入れるのは1日でできるとのことだったので、入れてもらいました。
ブラジルW杯も出場できそうな感じのチリ代表。
W杯は見に行くことはできませんが、これを来てテレビ観戦します。

そしてこれもものすごーく欲しかったもの。
31minutos(チリの子供番組)のフアニンのぬいぐるみです。
c0103368_6114741.jpg

今年のビーニャのフェスティバルで、みーんな持ってたので
今度チリに行って、売ってたら絶対買おうと決めてました。
というわけで、またまたぬいぐるみが増えてしまいました(^^;;
[PR]
by chilemoya | 2013-10-04 06:22 | 旅行
物価が異様に高いウルグアイ。
毎日、そのネタで散々愚痴ってました。
その反動で、チリにいると買い物が楽しくって仕方ありませんでした。
大したものは買ってないんですけど・・・
まるで物資調達に行ったかのように、食料品を買ってしまいました(^^;;
これはコチャジュージョという海藻。サラダにしたり煮込んで食べます。
c0103368_6131831.jpg

甘いもの3つ。カリンとマンハールは絶対必需品。
マンハールはやっぱりコルンのが一番好き。
そして去年はなかったルクマのピューレ。これだけを買いにチリに行ってもいいくらい。
私の大好物です。
日本のどこかの企業が日本でも売ってくれたらいいのに。
絶対売れると思うんだけどなぁ。
c0103368_6161495.jpg

そしてこれも欠かせない辛い系。唐辛子クリームとペブレです。
去年も買って帰った。
c0103368_6182849.jpg

他にも粉ジュースやらスープの素やらドレッシングやら調理雑貨やら・・・
紙ナプキンを大量に買ったのにはチリの家族に笑われましたが・・・
(だって、ウルグアイのは高くて質が悪いので・・・)
本当はトイレットペーパーも買いたいくらいでした(苦笑)
[PR]
by chilemoya | 2013-10-03 06:21 | 旅行
私たちが親しくしている家族、8月と9月に誕生日が集中しています。
私たちが滞在してた2週間ほどの間にも、3人のお誕生会に行ってきました。
これは、滞在先のお父さんのお誕生日のときのアサード。
c0103368_823025.jpg

もちろん焼いてくれたのは18日の独立記念日のときと同じ人。
18日とは違って、チョリソー(ソーセージの大きいやつ)も焼いてくれました。

こうやって昼間からアサードをしてお祝いするパターンと
夜に集まって、軽食とケーキでお祝いするパターンとありました。
どちらにしても、電気を消してケーキにろうそくを灯して
みんなでハッピーバースデーの歌を歌ったあとに
誕生日の人が願い事をしながら吹き消すのは同じです。

みんな、どんな願い事をしたのかなぁ?
[PR]
by chilemoya | 2013-10-01 08:12 | 旅行
今まで何度も書いてるので、覚えてらっしゃる方も多いと思いますが、
9月18日はチリの独立記念日。
国旗を掲げているおうちがとーっても多いんです。
私が滞在してたおうちの国旗。結構大きいです。
c0103368_12535919.jpg

着いた日の翌日だったかなー?すっごく寒かったので、山に雪が積もってました。
飛行機で上を飛んだときにはぜーんぜんなかったのに。
c0103368_12564823.jpg

南米では春なので、桃が咲いてました。
この辺りは街路樹に桃が多いんです。とってもきれい。
c0103368_1258261.jpg


9月は暖かい日と寒い日が交互に来ることが多いんですが、
暖かいを通りこして、暑い日も結構ありました。
日差しが強くて、長袖を着ていたのに火傷みたいにひりひりしたくらいです。

今年は18日が水曜だったので、18から20日まで祝日。
なので月曜も火曜もお休みなところが多く、1週間は日本の年末年始のような雰囲気でした。
17日にフェリアに行ったら、年末の日本のような雰囲気。
すーっごくたくさんの人が18日のために買い出し。
そして18日と19日はスーパーなんかもお休みでした。

18日当日は滞在していたおうちではなく、その近所に住んでる娘さん一家のおうちでお祝い。
何人来てたかわかんないくらい、にぎやかでした。
おなじみのアサード。今回は牛・豚・鳥のオンパレードでした。
c0103368_1361084.jpg

これは私たちが飲みたくて差し入れついでに持っていったビール。
クンスマンという会社のブルーベリー風味のビールです。
c0103368_1371589.jpg

そしてチリ名物のパップという炭酸飲料とチリワイン。
c0103368_1381756.jpg

大勢で12時間ほど飲んだり踊ったり・・・
とーっても楽しい一日でした。
[PR]
by chilemoya | 2013-09-30 13:11 | 旅行