歴史的な日

昨日、10月15日はW杯南米予選のアルゼンチン戦でした。
午後6時半ごろ、変なクラクションとサイレンが凄かったため外を見ると
なーんと、アルゼンチン代表を乗せたバスがパトカーの先導でゆっくりと走ってました。
それに対してブーイングするチリ人達。
今まで何十回と対戦をしているアルゼンチンですが、
まだ親善試合にしか勝ったことがなく(それも5回だけ)
W杯予選では1勝もしたことがないチリ。
みんな「今日は勝つぞ」といいつつ「どうせまた負けるわ」という気持ちもありつつ・・・
先日のエクアドル戦でぜーんぜんいい所がなかったチリなので
あまり期待をせずに見始めました。

が!!!

本当にチリか?と思うくらい良いプレーが続出。
アルゼンチン相手に攻めまくって、ついに前半35分ゴール!!
チリ代表の中でもちびっ子のFabian Orellana(ファビアン・オレジャーナ)です。
c0103368_1553285.jpg

Orellanaは今回の試合の前から色んな所で評判が高く、
「絶対に彼を出すべきだ。」という元代表選手たちの意見をよくテレビで見ました。
そして彼にパスを出したのが去年の20歳以下W杯でも活躍した
ピットブル(顔が怖いからそんなあだ名)ことGary Medel(ガリー・メデル)
c0103368_1561732.jpg

彼は昨日ずーっといいプレーをしてました。
一時は荒いプレーも多かったんですが、
最近は冷静な判断ができるプレーヤーになってます。
後半の最後の方で足を痛めたらしく、交代してしまったのが残念でしたが。

その後も何回も惜しいシュートがあったりしましたが、
なんとディフェンスがアルゼンチンの攻撃を頑張って抑えたんですねー。
(チリのディフェンダーは小さい人が多いので、結構弱いんです。)
昨日の先発メンバーの中では180センチを超えるのはキーパーのみという
ちびっ子が多いチリ代表。

そして後半も見事に抑えきり、1-0でアルゼンチンに勝利したのでした!!!
喜ぶみんなの写真です。
c0103368_221565.jpg


試合終了後からしばらくしてクラクションを鳴らしまくる車でプチ渋滞。
みーんな試合に勝ったら集まるというPlaza Itariaに集合していたんですね。
この日のために来てもらったといってもいいくらいのビエルサ監督。
(彼は元アルゼンチン代表の監督)
いつも厳しい顔の監督ですが、試合後は控え室でにこにこだったようです。

で、おまけ。
昨日も頑張ったMatigol。試合前の国歌の時の写真が可愛かったので載せときまーす。
c0103368_26010.jpg

(写真はぜーんぶCanal13から)
[PR]
by chilemoya | 2008-10-17 02:14 | サッカー