選挙

チリでは10月26日にアルカルデと議員の選挙が行われます。
アルカルデとは最小行政区(市・区・町・村)長のことで、
議員とは行政区議会の議員です。(国会議員ではありません)
4年に一回全国一斉に行われるそうです。
その選挙の公示が9月26日でした。
この日の0時から選挙活動が始まりました。
(夜中から始めるってすごいですよね)
各地で集会も行われていたみたいですが、
一番、目を引くのは候補者の立て看板!!
もう、人の目につくところならどこにでも立てるって感じで
色んな大きさのものがあちらこちらに一斉に出現。
歩道なんかで明らかに通行の邪魔になるようなところは
区の職員が撤去していってるんですが、
空いたスペースに別候補の看板がすぐに立ってしまい
正に「いたちごっこ」です。

先日、サンティアゴ内でも激戦区と言われているラ・フロリダ区を通ったんですが
見事としかいいようがないくらい看板が乱立していました。
おかげで夢にまでラ・フロリダ区の候補者達の顔が出てくるくらいです。
(これが作戦???)

昼間は宣伝電話もかかってくるんですが、録音テープなので
「選挙権ないですからかけないで」とも言えず・・・

でも、この選挙の結果で次の大統領選挙の予測がつくとかいう
とっても大事な選挙だそうです。

異国の選挙合戦、ちょっとおもしろいです。
[PR]