Pablo Milanes(パブロ・ミラネス)

先週の金曜、Pablo Milanesのコンサートに行ってきました。
彼はキューバの歌手で、ラテン音楽が好きな方の間ではとても有名な人だそうです。
で、私はラテン音楽を聞き始めたのは最近なので
彼の曲を一曲も聴いたことがなかったんですが、
「絶対楽しめるから」という旦那の言葉で行くことになりました。
会場は以前も行ったことのある国立競技場内のテニスコート。
今回はキューバからの大御所ということで、アリーナに当たる部分にも座席があり
かなり細かくブロック分けがされていました。
この会場はどの席でもステージが見やすいため、
私たちは一番上のブロックで見ることにしました。

9時半ごろに日が沈み、ようやく辺りが暗くなってきたころからコンサートがスタート。
私が思っていたラテンのイメージとは違う、とても静かな曲で始まりました。
ゆったりした曲、ノリのいい曲が半分ずつくらいで演奏され、
どれも本当に素晴らしい曲ばかりでした。
一番盛り上がったのはチリのクーデターを題材にした曲。
熱唱した彼に観客はみんな大歓声を送っていました。
途中で娘さんが出てきて一緒に歌ったりと、約2時間のコンサートはあっという間でした。

が、なぜかこの日めちゃくちゃ寒くてサマーニットの上にニットジャケットを着ていても
まだ寒く、「冬用のコート持ってくればよかった」と思うくらい。
気温は12度くらいだったと思うんですが、風が冷たくて体感気温は多分
10度以下だったと思います。
寒さに強い旦那も「さすがに寒かったわ」と腕をこすっていました。
(旦那は半袖のぺらぺらのシャツ1枚だったので・・・)
夏でも夜は気温が下がるのは楽なんですが、ここまで下がらなくてもーと思いました。
[PR]
by chilemoya | 2008-01-30 02:27 | 音楽