フォルクローレ・フェスティバル

ちょっと話は遡って、17日の夜・・・
Puerto NataresからPunta Arenasのホスタルに戻ったのが夜の11時過ぎ。
最初に泊まったホスタルにまた泊まることになっていたので、
そこのご夫婦は私たちが戻るのを待ちかねていてくれたようでした。
着くなり「遅い!!」といいつつ、(冗談でしょうが)いっぱい話をしだして
12時も過ぎ、そろそろ寝ようかとなったところにおじさんが
「フォルクローレのフェスティバルがあるよ」と言いました。
「えー???いつですか?」と旦那。
「明日から3日間」
「え~!!!なんてタイミング!!僕らフォルクローレ好きなんです」
ってな訳で急遽フェスティバルを見にいけることになりました。

1年に1度、Punta Arenasでフェスティバルが開かれているのは知っていたんですが、
いつかはまったく知らず、偶然知ったのはそこのホスタルに
出演するバンドのメンバーが泊まっていたから、おじさんが教えてくれたのでした。
最終日は帰る日だったので行けませんでしたが、
木曜と金曜の二日間、ちょこっとだけでしたが行ってきました。
写真は遠くから撮っているので全て暗いのですが・・・
これはクエカを演奏しているグループ。
c0103368_4323423.jpg

この人たちが同じホスタルに泊まっていました。
Barrio Latinoというグループ。
めちゃくちゃかっこよかったので、翌日CDを売ってもらいました。
c0103368_434862.jpg

これはコンクール部門に出ていた二人。
コンクール部門は前半しか見なかったのですが、この人たちが一番良かったなー。
c0103368_435038.jpg

この写真は全て木曜に撮ったものです。
金曜はカメラを持っていかなかったので・・・
でも、チロエ島のクエカや同じ所に泊まっていたもう一組のバンド(ギターアンサンブル)も
すごく良かったです。
このフェスティバルではすごく良かったグループに「ニャンドゥ」のトロフィーが
もらえるのですが、金曜に出演したギターアンサンブルのバンドがもらっていました。
(金曜にもらったのはその人たちだけだったそうです。なんでCDを買わなかったのか・・・)
帰りの飛行機でもニャンドゥを持っている別のミュージシャンが乗っていて、
あまりにも雑な扱いに目が点になってしまいました。

ちなみにニャンドゥとはダチョウに似た鳥です。南米にしかいないのかな?
ニャンドゥの写真は写真ブログの方に載せています。
[PR]
by chilemoya | 2007-10-29 04:43 | 音楽