Feria del Libro

サンティアゴでは毎年「子供向けの本」のイベントが行われています。
去年は場所もはっきりわからなくて行きそびれてしまったんですが、
今年は行ったことのある場所だったので昨日行ってきました。
いろんな本屋さんが出ていて、通常価格より6割くらい安かったようです。
一番にぎわっていたのはやっぱり「マンガ」を扱っているお店。
日本のコミックを訳したものから、同人誌のようなものまで
かなりたくさん売られていました。
その中で私が買ったのはドラゴンボールのパロディ版。
c0103368_551740.jpg
c0103368_553250.jpg

1冊500ペソ(約100円)だったので2冊買ってしまいました。
これはアルゼンチンで作られたもののようですが、絵もそのままですよね。
本当はスペイン語の練習用にちゃんとしたものを買うつもりだったんですが、
結局おもしろさに走ってしまいました。

別の店では店員さんに話しかけられてしまい、
「どこの国の人ですか?」と聞かれました。
「日本です」
「日本のどこですか?」
「大阪です」と、ここまではよくある会話。
「僕は大阪知ってます。10年以上文通してる人が大阪にいて
サワダ・ミチコっていうんですが知ってますか?」
「・・・知りません。」
今まで色んな人に話しかけられてますが、
たまたま日本人の知り合いがいる人もいます。
それでよく「○○さんって友達なんですが、あなたは知ってますか?」
と聞かれます。

日本の人口はチリの人口より多いんですが・・・

と、いつも思ってしまいます。
でも、もしそれで知ってる人の名前が出てきた方が恐ろしいかもー。
[PR]