3月29日

チリでは「若者が暴れる日」です。
昔、軍政時代にとある兄弟が殺されたのがこの日だそうで、
その兄弟のことを忘れないように始まった運動が暴動と化していって
今では「暴動の日」になっているそうです。
今日は休校する大学もいくつかあります。
朝からPlaza Italia(プラサ・イタリア)というサンティアゴの中心では
学生達がぞくぞくと集まって、警察もたくさん出てきて怖い雰囲気でした。
29日が暴動の日なんですが、その前からちょこちょこと小さい(?)暴動も起きていて
そのせいなのか、うちのネットが繋がりにくいんです。
今はいつもつないでいるケーブルではなく、役所のワイヤレスを拾ってます。
いつ切れるか怪しいんですが・・・
で、メールの返事もほとんど送れてません。でも元気です。
今日を乗り切れば多分またネットも順調につながると思います。

今日はバスも19時までだそうです。
2月に始まった新しいシステムは最悪で、不満が溜まっている人が多く、
暴動の格好の的だから早めに終業するそうです。
去年の9月11日クーデターの日も停電になったので、今日もなるかも。
あ、でも暴動が起こる場所はいつも決まっているので、そこにさえ行かなければ大丈夫です。
ご心配なく~。
[PR]