音楽の日

11月26日は「音楽の日」でした。
Quinta Normal(キンタ・ノルマル)公園でチリのバンドばかりが出るイベントがあり、
どうしても見たいバンドがあったので行ってきました。
La mano ajena(ラ・マノ・アヘナ)
c0103368_21152197.jpg

このバンドは以前CDをこのブログで紹介したんですが、やっと生で聞けました。
いろんな国をまわっているだけあって、ライブも余裕な感じですごく良かったです。
思った以上に人気があるので驚きました。

そしてもう一つどうしても見たかったのがDifuntos Correa(ディフントス・コレア)
c0103368_21192285.jpg

彼らもまだCDを一枚しか出していませんが、かなりの人気でした。
CDでは結構ゆるい感じの曲なんですが、ライブは結構ハードでした。
新曲も2曲やってくれたんですが、なかなか良かったので新譜も楽しみです。

他にもCongreso(コングレソ)やInti Illimani(インティ・イジマニ)といった
チリでは超ベテランのバンドも出ていましたが、一番インパクトが強かったのが
Sinergia(シネルヒア)というバンドです。
彼らの曲はヘヴィなんですが、ボーカルが一度聞くと忘れられない声と動き(顔も?)なんです。
せっかく好きなバンドを見たのに、このボーカルの声が頭から離れません。
でもチリではかなりの人気です。
興味をもたれた方はここへアクセスしてみてください。ビデオが見れます。
相当「キツイ」です(^^;;

他にも4つバンドが出ていて、MCもチリでは有名なDJなんかが来ていたため、
すごく盛り上がりました。
こういうイベントをタダでやってくれるなんてすごいなーと思います。
もう一つ感心したのが、セッティングの早さ。
バンドのメンバーも手伝ってのセッティングなので、5分くらいで完了してライブを始めていました。
(楽器の多いバンドはもう少し時間がかかりましたが)
これから夏休みに入るので、こういったイベントが増えるそうです。
少しずつでもいろんなバンドが見られるので楽しみです。
[PR]
by chilemoya | 2006-11-27 21:39 | 音楽