ベストドレッサー

先週、2006年ベストドレッサーが発表されました。
La Tercera(ラ・テルセラ)新聞社のGlamorama(グラモラマ)という
芸能雑誌のようなもので発表されたのですが、男性の1位はこの人!
司会者のFelipe Camiroaga(フェリペ・カミロアガ)です。
c0103368_395273.jpg


1位は当然だろうなーと思いつつ、ファンとしてはうれしいものです。
ワールドカップ期間中に「La noche del mundial」(世界の夜)という
全然サッカーと関係のない番組をやっていた時は、毎晩彼の素敵なスタイルを見るのが楽しみでした。
この写真は雑誌を写真に撮ったので画像は悪いですが、かっこいいので気に入ってます。
(パソコンの壁紙にまでしてるし・・・)

そして2位は同じく司会者のSergio Lagos(セルヒオ・ラゴス)。
c0103368_3101333.jpg


そんなにファンというわけではないんですが、このブログで登場は3回目です。

3位は俳優のBenjamin Vicuña(ベンハミン・ビクーニャ)。
c0103368_3103634.jpg


この人もすごく素敵な人で、チリの俳優では一番好きです。
[PR]