CD

c0103368_23118.jpg

チリに来て初めて買ったCDです。
「LA MANO AJENA」 という名前のチリのバンドです。
まだ結成されたばかりなんですが、みんなそれぞれキャリアはあるようです。
最初はラテン専門チャンネルでプロモーションビデオを見たんですが、
「何これー?」って思うくらいおもしろいビデオでした。
曲名も「Wewo」、これはチリでは「あほ」とか「まぬけ」とかいう意味で使われてます。
悪口というより、親しみを込めた感じで使うので関西弁の
「あほやなー」くらいのニュアンスだと思います。
曲名も歌詞も楽しい感じなんですが、一度聞いたら忘れられないくらい
印象の強い曲だったので他の曲も聴きたくなり、あちこち探してやっと購入できました。

音楽タイプの基本はジプシー音楽だそうです。
アコーディオンとクラリネットが少し悲しげな音ですが、
リズムは踊りたくなるような感じです。
彼らのサイトで1曲だけ聞けます(Wewoではないですが)
http://www.lamanoajena.scd.cl/mp3.htm

一度だけライブがあったんですが、私が知ったのは当日だったので行けませんでした。
今はヨーロッパを周っているそうです。
[PR]
by chilemoya | 2006-07-05 02:02 | 音楽