ちょっと怖い話

といっても、怪談ではありません。
スーパーマーケットで感じたちょっと怖いことです。

その1
以前も書きましたが、こちらでは巨大なフジツボが売っています。
いつもあまり見ないようにしてるのですが、
その日はなぜか久しぶりに店頭に並んでいたので見てしまいました。
動いてるんですー、フジツボの中身が・・・
とてもこの世のものとは思えないような気持ち悪さ(>_<)
「うぎゃー、きもー」って思わず言ってしまいました。
触覚のようなひもみたいなのが「にゅるにゅる」と中から出てきていて、
その中では、やどかりの手みたいな爪がかちかち動いてました。
アメリカ映画で、イカやらタコやらカニの巨大なのが人間を襲うって
いうのがありましたが、フジツボなんかもっと凄そうです。
あのにゅるにゅるの触覚で捕まったら逃げられません。
そして、あの爪で切られたらもう終わりです。
とか、くだらないことを考えてしまうくらい怖かったです。

その2
冷凍食品のコーナーにかなり大きなものがありました。
「なんだろう?」と思って見ると、豚が丸々冷凍してありました!!
内臓や骨は抜いてあるのか、ぺちゃんこになっていたんですが、
頭から足まで全部揃ってました。
鳥が丸ごと売っているのはよく見かけますが、
頭は切り取ってあるためあまり何も感じないんですが、
豚は頭がついたままなので、ちょっとびっくりします。
しかも、子豚ちゃん・・・
ちょっと悲しそうな顔に見えてしまった私の頭の中は
なぜか「ドナドナ」が流れていました。
[PR]