ちょっと不思議なこと

チリは日本と同じで数字の単位はメートル法です。
距離も重さも温度も日本と同じなので、とてもわかりやすいです。
アメリカはマイルとかポンドなのでいちいち考えないといけないから
慣れるまで大変なような気がします。

チリが日本と同じ単位とはいえ、時々違う表現が使われます。

牛肉3リットルやマヨネーズ500立方センチなどなど・・・
肉にリットルって???マヨネーズはグラムじゃないの???
と、頭を混乱させてくれます。
もちろん肉にはグラム表記で売ってるのがほとんどですし、
マヨネーズも成分表にはグラムで書いてあります。
日本で立法センチとかの表記で内容量を表示したものって
なかったような気がするので、ちょっと不思議です。

そして、これから寒くなる時期に必需品の便座カバーが売っていません。
(必需品だと思うのは私だけ???)
日本で当たり前のように売っているので、当然売っているものだと思っていました。
が、あの冷たい辛さを一番感じたのは日本人だったのでしょう。
マドンナも「日本には暖かい便座があるのよ」と名言したくらい
日本以外では便座は冷たいのが当たり前なのでしょう。
マットとふた(?)のカバーのセットは売っているのに、肝心の便座カバーは
ついていません。
しかたがないので自作しました。大げさですね(^^;;
[PR]