サンパウロ その1

初日は着いたのが夕方だったし、お天気も不安定だったため、
ホテルのレストランで食事をしただけで、あとはのんびりしてました。

二日目。
とても良いお天気で、この日からサンパウロ観光開始。
で、一番最初に行くのは当然ツーリストインフォなんですが、年末で閉まってた・・・
空港のも閉まってたので、ネットだけが頼り・・・

サッカー博物館が木曜から日曜は入場無料ということなので、
まずはそこに行くことに・・・
ネットと地図を頼りに最寄の地下鉄の駅から歩くこと約20分。
幸い下り坂だったのですが、帰りは絶対戻れないくらいの急な坂。

無事に着いたのはこのスタジアムです。
c0103368_226950.jpg

スタジアムの中はこんな様子。
c0103368_2265042.jpg

残念ながら、サッカー博物館内は写真撮影が禁止だったので、
撮ってませんが、最近できた施設っぽく、大画面で過去の映像や
ブラジルのスター選手の写真、各チームのフラッグ、歴代W杯の名場面など
とーっても見どころのある博物館でした。
途中、ちょっとしたゲームなんかも置いてあったりして、
子供が遊べるようになってましたが、最後はPKゲームがあって、大人も挑戦してました。
結構並んでたので、見てるだけでも楽しかったんですけどね。

その後、とてもあの坂を上る元気はないと、旦那と意見が一致したので
タクシーにてリベルダージへ。
リベルダージとは日本人街(今は東洋人街って言ったほうがいいかも)です。
c0103368_2423187.jpg

歩道は太鼓の柄。
c0103368_2431234.jpg

日曜は広場に屋台が出て、にぎやかだというので行ったんですが、
にぎやかどころか、すごい人で歩くのも大変なくらいでした。
(上の写真2枚は広場から離れた、人の少ないとこで撮りましたが、
大体こんなちょうちんや歩道の柄がずーっと続いてます)
そこで、先に日本移民史料館に行きました。
c0103368_2305458.jpg

ここも中は撮影禁止だったんですが、100年以上の移民の歴史が
7~9階に分けて展示されていました。
2か月ほどかけて地球の反対側に来てみたのに、最初は奴隷扱いされてたこと、
それでも真面目に働いて、少しずつ日本人が農場を持って発展していったこと、
第2次世界大戦後、日本人同士の悲しい敵対心。
ブラジルが取った政策のために差別がひどくなったことなどなど、
発展と悲しい歴史がたくさん詰まった資料館でした。

で、気が付くと3時半くらいになっていてレストランなどは閉まってるとこが多く、
悩んだあげくに入ったのは、「えびす屋」というチェーン店っぽい定食屋さん。
私が食べたのがカレーライスです。
c0103368_2405499.jpg

そして旦那はおろしとんかつ定食。
c0103368_2413914.jpg

それから二人でから揚げを分けて食べました。
c0103368_242923.jpg

付け合せの野菜、かかってるドレッシングまで日本と同じ~。
最後にポイントカードまでもらっちゃってました。

食事後は少しだけ人が減ってたので(それでもいっぱいだったけど)
食材店をのぞいたりして、麦茶とかインスタントみそ汁とか鰹節とか買って帰りました。
年末だったせいか、お正月用の買い物をしてる人が多かったのかな?
鏡餅なんかも売ってました。ほんと、日本そのものでおもしろかったです。
[PR]
by chilemoya | 2014-01-11 02:51 | 旅行